コメント 1

youtube動画での情報収集は「時間VS効果」が悪い!【ブログと動画を比較】

スポンサードリンク








 

ども、くろっくです。

今回は、ブログと動画とでの情報受信の比較についてです。

 

僕は、youtubeでのスロの情報受信ってのは積極的には見ません。

なぜなら、動画での情報収集ってのは時間VS効果が悪いからです。

 

 

もう少し細かく定義すると・・・

単にカメラに喋ってるだけの動画とか、ホワイトボードを使って喋ってるだけの動画ですね。

ジャンバリのような実践動画は該当しませんよ。
なぜなら、実践系ってのは動画じゃないと出来ないからです。

喋ってるだけの動画ならば「そんなのブログでやれや!」という話です。

 

まあ仮に、ブログでやる場合と動画でやる場合との内容が同じだとしても・・・

受信側からすると、動画での受信はブログに比べて圧倒的に時間がかかるんです。

 

「時間VS効果」のコスパが悪い。
から、(喋ってるだけの)動画なんて積極的に見る気にならない、って話です。

 

もう少し詳しく書いていきます。

 

スポンサードリンク



 

ブログと動画の違い

 

ブログと動画とでは、それぞれ優れている点があります。

ブログが勝っている点は、情報処理の圧倒的速さ

動画のほうが勝っている点は、情報量の圧倒的多さ情報吸収のしやすさ

 

ブログを受信する長所

 

ブログの最大の長所ってのは、情報処理が速いって点です。

 

例えば10分の動画があるとします。

1つの動画を見るのに10分。この10分でブログ記事をいくつ読めるのか?という話です。

まあ、ブログ村の新着記事の半日分に目を通すことができると思いますよ。
(といっても興味のある記事だけ)

というかTwitterなんて10分で何ツイート読めるんだ?って話ですし。

 

もう少し説明すると、

ブログは下スクロールすれば「どこに何が書いてあるか」ってのが分かります。
動画だと「どこで何を言ってるのか」が分からないので、構成を把握するのに非常に時間がかかる。

加えて、ブログは斜め読みができる。逆に動画だと飛ばし聴きってのは難しい。

 

なので・・・

全体を俯瞰するまでの所要時間。
「自分の知りたい情報がどのパートにあるのか?」を知るまでの時間。
「どのレベルの質のコンテンツなのか?」を把握するために要する時間。

ブログと動画とでは天地に違います。

 

 

例えば、質の悪いコンテンツがあるとする。

ブログの場合は一瞬で把握できます。
つまらなければパパッと下スクロールをして、とっとと「戻る」ボタンを押せばよい。

しかし、動画だと判別に時間がかかる。

 

あと、例えば「絆0スルーの期待値」とかタイトルがあるとする。
こういう手垢まみれのコンテンツで受信側が知りたいのは・・・今まで書かれてなかった情報や考察です。

ブログの場合は、目新しいことが書かれてるか否かってのは一瞬で判別できる。
なぜなら、下スクロールで斜め読みすれば良いからです。

一方の動画というのは、判別に非常に時間がかかります。
どこで何を言ってるか?が分からないので、全体を俯瞰するのに時間がかかるからです。

てか絆0スルーどうこう等を知りたきゃ、1本の動画を見るよりも、何サイトも徹底的にググったほうが速い。

 

 

あと純粋に「文字受信のほうが音声受信よりも圧倒的に速い」って長所も大きい。

例えば、この章の上30行程度の情報。

文字ならば受信に1分もかからないが、音声ならば5分はかかるんじゃないかな。

 

 

そんなわけで、動画(音声)での情報受信ってのはとにかく時間がかかる!ってこと。

 


動画を受信する長所

 

一方で、動画がブログより勝ってる点も当然ある。

 

動画の長所の1つ目は、情報量の圧倒的多さです。

例えば、実践動画というのは向いてます。

娯楽的エンタメを見たきゃ、情報量の多い動画を見るほうが良い。
あるいは台の演出や挙動を知りたきゃ、動画を見る方が早い。

 

しかし、単に喋ってるだけの動画ってのは違う。

情報量が著しく少ないので、最初からブログでやれ!って動画が多い

 

 

もう1つの動画の長所は、動画のほうが情報吸収しやすいって点。

なので、著しく複雑な考察なんかは動画のほうが向いています。

あるいは非常に難解な事を説明する場合も、ボードやPC画面を使ってくれる動画のほうが良い。

(あと娯楽的な面白さや話術の巧さなんかも動画のほうが伝わりやすい)

 

では、カメラに喋ってるだけのスロ動画やボード付きで喋ってるスロ動画。

取り上げてることが複雑難解か?というと・・・

全然そんなことはない。
他ブログなどで良く見る内容のものばかりで、ペラペラで薄いコンテンツが多い。

 

無論、すべての動画発信者がそうだとは言わないし、すべてのコンテンツがそうだとは言わないです。

ただし、大した事を語っていない動画発信者は多い。
そして全体として見りゃ、外れコンテンツの確率は著しく高いです。

なので、動画は情報吸収しやすいと言ったところで、それが薄いモノならば吸収しても意味が無いって話。

 

 

情報量も少ない。コンテンツが薄いから吸収しやすくても意味がない。

だから、喋ってるだけの動画配信者ってのはメリットを1つも生かせてない人が多いと思います。
(あくまでスロ関連の発信者(の多く)に限った話。他ジャンルの発信者ならば喋ってるだけでタメになる動画は多い。)

 


まとめ

お前だってブログでだらだらと長文ばっか書いてるじゃねーか!

こう思った人も多いかもしれない。

ただ繰り返すが・・・
ブログならば下スクロールで斜め読みできますからね。
つまらなかったら太文字と赤文字だけ見て帰れば良い。時間の節約になる。

言ってしまえば、ブログ記事はいつでも離脱できるですよ。

 

動画だとこうはいかない。

動画だと斜め読みが難しいし、途中まで飛ばすとそれまで何を喋ってたのか分からない。

まあ、離脱するタイミングを計るまでに時間がかかるわけですね。

 

ブログと動画とでは全然違うんですよ。

例えば、映画&ドラマなんてのは「当たりか外れかの判別」に時間がかかりますよね。

しかしは判別に時間がかからないので、次から次に捨てることができる。

 

だから、動画で薄いコンテンツを出されるってのは受信側としては非常に困るんですよね~。

 

 

あと一応言っておくが、すべての発信者が良くないってわけじゃないですよ。

「喋ってるだけなのに非常に勉強になるし面白い」という人も勿論います。

ただ、ここでは優良な動画発信者の名前は挙げません

「それ以外の発信者はダメって意味なんだね」と解釈されるので。

 

 

特に、編集もせずにダラダラと動画を流してるのは最悪でしょう。

たぶん編集に時間をかけるの面倒なんだろうが、その時間のしわ寄せってのは受信側にきますからね~。

 

 

そんなわけで、以上が「動画のスロの情報収集は時間コスパが悪い!」という理由でした。

 

 

では、ここらへんで。

 

 

スポンサードリンク








1 個のコメント

  • 珍しく共感ですね
    しばとかの動画は釣りタイトルに
    大した内容じゃないし、
    尚且つしゃべりも下手すぎる(笑)

    動画を見ると
    毎日毎日スロットやって人と関わりないと
    こうなるんだなって印象です

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です