コメント 5

仮想通貨の真の危険性とは「盗難」と「紛失」である。【リスク】

スポンサードリンク








 

ども、くろっくです。

今回は仮想通貨の本当のリスクについてです。

 

まず最初に言っておくと、僕は仮想通貨に対して非常に肯定的な人間です

仮想通貨は今後世界の軸になる可能性は高いです。

とはいえ、やっぱり現時点では落とし穴もある。

これから「〇〇のリスクがある!」とかこき下ろしていきますが、肯定的な人間が書いていることを覚えておいてください。

 

仮想通貨のリスクというのは色々と言われています。

「いつ暴落するか分からない」
「仮想通貨そのものに信用がならない」
「実体のないネズミ講」などなど。

しかし、上のような危険性は極めて薄いと思います。

 

そもそも、いつ暴落するか分からないと言いますが逆に上昇し続ける可能性もあるのでリスクとはいわない。

そして周知のとおり、仮想通貨の取り扱い店舗というのも徐々に増えている。
こうなると、「仮想通貨は世間に信用されてきている」という事になる。

信用できないなんてのが時代遅れと言ってよいし、もはやネズミ講ではない。

 

もはや、仮想通貨そのものは信用に足る存在です。

 

 

とはいえ、やっぱり仮想通貨ってのは危険性を孕んでいる。

本当の危険性ってのは別のところにある。

それは「盗難」と「紛失」です。

 

言ってしまえば、仮想通貨そのものは信用できるんだが、取引所やウォレットなど保管制度が全く信用できないって話です。

もう少し詳しく書いていきます。

 

スポンサードリンク



 

盗難のリスク

 

実は、仮想通貨というのは非常に盗難に遭いやすいらしい。

しかも銀行と違って、盗難時の補償がない。

全て自己責任です。
そもそも警察もあてにならないでしょうし。

取引所は狙われている

まず、ハッカーに狙われているのは取引所です。
つまり、bit flyer・coincheck・Zaifなどに置いてある仮想通貨です。

なので、仮想通貨を取引所に放置する行為。ただこれだけで危険ということです。

そして、2段階認証設定を怠るのはもっと危険です。
(2段階認証とは、1段階目=パスワードでログイン・2段階目=SMSかメールに送られるコードでログイン)

 

しかし、トレードを頻繁にやる人は取引所に置きっぱなしにしてるはずです。

まあ2段階認証をしないってのは自業自得かもしれない。
ただZaifの場合は手続きが面倒です。
(というかZaifだと英語のわけわからない所に連れてかれるので、2段階認証そのものがリスクに感じる。)

 

安全に保管するには、ウォレットに入れるしかない。

しかし、オンラインウォレット(PC・ウェブ・モバイル)への保管というのもイマイチ信頼できない。

盤石を期するには、ペーパーウォレット(紙幣)に替える。
もしくは、↓下画像↓のハードウェアウォレットに保管するしかないらしい。

 

しかし考えてみれば、仮想通貨ってのは「現金を持たないで良い」「簡単に送金できる」ってのがメリットの1つ。

なのに、いちいちハードウェアウォレットに入れるとなると、それを持ち歩かなきゃならない。

そうなると仮想通貨を持つ意義が半減しますから、
最初から現金か電子マネーにしろ!という事になります。

 

いずれにしても、ここまでしなければ安全は確保できないという訳です。

 


 

 

銀行との決定的な違い

 

「でも銀行だって預金が盗まれる可能性だってあるだろ!一緒じゃないか!」と思うかもしれない。

しかし意味合いが全っ然違います。

 

そりゃ銀行にしても預金が盗み出されることはあるかもしれない。

しかし、我々は「もし銀行預金が盗まれたとしても大事には至らない」と考えています。

なぜならば、銀行は預金の盗難には補償があるからです。

 

とはいえ、何でもかんでも補償してくれるってわけじゃないが。

(上はUFJの例)

項目2なんてのはネタとしか思えないくらいです。

他にも暗証番号=誕生日なんてのも補償の対象外になる場合もあるらしい。

 

とはいえ、銀行なら大半のケースは補償は効きます。

預金を盗まれたところで何とかなるし、必要以上に恐れることもないってわけです。

 

仮想通貨は盗難の補償はない

その一方で、仮想通貨の取引所には補償は無い

大事なことなので繰り返しますが、取引所には盗難の補償は無いのです

 

念のためにbit flyerとZaifに盗難について問い合わせました。

すると、返答が以下の通りです。

 

・bit flyer

補償等につきましては、恐れ入りますが、利用規約第5条にもありますように、アカウントのご利用に関するメールアドレスやログイン ID 、パスワード等の管理・保管・使用等はお客様ご自身の責任となります。

従いまして、漏洩や第三者の使用等によって直接または間接的に生じた損害については、以下の補償が適用される場合を除き、当社は補填を行っておりません。

 

・Zaif

お問い合わせいただきました件でございますが、
不正アクセスに関する補償はおこなっておりません。

パスワードの定期的な変更やご利用時以外は必ずログアウトするなど、
ご注意いただきますようお願い申し上げます。

よろしくお願いいたします。

 

盗難の補償は無い、ということです。

ちなみにbit flyerはサイバー攻撃時のみ保険が発生するようです。
しかし、どの程度が補償されるのかは不明です。(coincheckも同じだと思います。)

というか、サイバー攻撃の定義が分からないんだけど。

 

そもそも考えてみりゃ奇天烈な話でしょ。

仮想通貨の取引所というのはハッカーに狙われている。
にもかかわらず盗難の補償はない。

これ普通に、かなりのリスクじゃないでしょうかね。

 

※追記

coin checkの場合は補償があるようです!

当社は、運営する仮想通貨取引所「Coincheck」にて二段階認証を設定しているユーザーアカウントを対象に不正ログインされたことによって被る損害を補償いたします。ユーザーは、二段階認証の設定をすることにより不正ログインによる被害の可能性を未然に防ぐとともに、万が一不正ログインによる被害が発生した場合においても、コインチェックによる補償を受けることが可能です。
補償対象は、「Coincheck」のユーザーアカウントに不正ログインされたことによってユーザーが被る、いわゆる「なりすまし」による損害です。なりすましによる損害については、1回の請求で最大100万円を補償額と致します。

全額を補償してくれるかは不明ですが、この面に関してはcoin checkが一歩抜き出てますね~。

 


 

 

ウォレットの復元パスを忘れれば「紛失」になる

 

取引所に置くのは危険。
とすると、ウォレットに移す以外にない。

では、ウォレットとはどういうものなのか?

PCウォレット・ウェブウォレット・モバイルウォレット。様々な種類があるらしい。

 

まあ、下のサイトに詳しく書かれています。

ビットコインの保管(ウォレット比較)
参照元・Bitcoin日本語情報サイト様

 

当記事では、最も使用頻度の高いであろうモバイルウォレットについて書いていきます。

 

Coinomi

 

Coinomiの管理の特徴としては、復元フレーズです。
(Zaifもこのタイプ)

例えば下のような感じ。

district・clock・slot・six・magica・hades・bancho・gaia・bingo・panzer

 

初期登録の際に、ランダムに18個程度の英単語が出てきます。

これが復元フレーズです。

アプリをアンインストールしたり、スマホ引っ越しの際。
こういう時には復元フレーズが必要となります。

 

もし復元フレーズを忘れてしまったらどうなるか?

現時点のネット情報では、自分のウォレットに出入りできなくなる可能性が高い。

つまり、「紛失」のリスクがあるってこと。

 

Bitcoin Wallet

 

比較的、紛失リスクの少ないのはココでしょう。

ここの特徴としては、指紋認証です。

しかし、指紋認証ってのがまず信用できないんだよな~

まあ使ってみないと分からないんだが、ログインするのに指紋エラー連発するんじゃないの?コレ。

指紋認証ログインを廃止することも出来ますが、それなら危険ですし。

 

・NEMウォレット

 

これはXEM(NEM)という仮想通貨の限定でのウォレットです。

結論としては、このアプリは使わない方が良い

 

特徴としては、秘密鍵で保管します。
(秘密鍵ってのが良く分からんが)

しかし、秘密鍵というのはPC版をインストールして、PCで発行するしかない。

スマホでは秘密鍵は発行できません。

NEMウォレットに関しては、こちらの記事が参考になります。

NEM/XEM(ネム)の安全な保管方法!Nano walletでガチホールド
参照元・サラリーマンの副収入を本気で考えるブログ様

 

にもかかわらず、秘密鍵がない状態でもアプリ入金はできてしまう。

 

そして、秘密鍵がない状態でアプリをアンインストールしたらどうなるか?

残高とは二度と出会えません。

というか実験的にやってみたんだが、残高など無かったことにされました。

 

「PCで秘密鍵を発行すりゃええやん」と思うかもしれません。

しかしインストールしようとすると・・・

windowsによってPCが保護されました。
Windows Defender SmartScreen は認識されないアプリの起動を停止しました。
このアプリを実行すると、PCに問題が起こる可能性があります。

 

と表示されます。

 

こうなると、インストールしないほうが良い気もする。

要は、秘密鍵を発行しようとするだけでリスクがあるってこと。

 

 

取引所に置く
→紛失リスクは無いが、盗難リスクが高い
ウォレットに置く
→盗難リスクは低くなるが、紛失リスクが発生する。

 

こんな感じでしょう。

持ってるだけでリスク。実質的にマイナス金利も同然というわけです。

 


 

 

まとめ・それでも仮想通貨は未来がある

 

と、今までさんざん「盗難のリスクがある!」「紛失のリスクがある!」とかネガティブな事ばかり書き連ねてきました。

しかし誤解のないように言っておくと・・・

挙げたリスク全てを加味しても、仮想通貨は持っておく価値はあると思います。

 

ビットコインの流通性も上がってきていますし、モナーコインなんかも日本で流通し始めています。

世間からの信頼度は明らかに上がっています。

普通に考えて、今後は仮想通貨が全世界に流通する可能性は極めて高い。

 

なので、今のうちに売買しながら知識をつけるってのはアリだと思います。

盗難リスクや紛失リスクは高いんだが、そこを加味しても触っておいたほうが良い。

 

現に僕なんて1か月前は何も知らないド素人でした。

しかし、売買しながら触ることでそれなりには知る事ができましたからね~。

 

まあ、仮想通貨を知るには触るしかないってことですね~。

 

↓↓ bit flyer はコチラから↓↓


↓↓ coin check はコチラから↓↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓↓ Zaifはコチラから↓↓

 

bit flyerは業界最大手。なので安全度&信頼度が高い?
しかし取引手数料は0.01~0.15%と高い。

coin  checkは銘柄が豊富。しかも取引手数料0円。

Zaifはモナーコインを扱う取引所。(他の取引所はFiscoのみ)
取引手数料はなんと、マイナス0.01%。(取引すればするほどプラス)
ただし、使いづらい。

 

盗難&紛失のリスクこそあるものの、買ってみて触っておく価値はあるかと思います。

ただし、あまり大金は預けないようにね。

 

では、ここらへんで。

 

スポンサードリンク








5 件のコメント

  • ちなみにFeliCaがタッチ式の仮想通貨決済の実用化に向けて動きだしています。
    保管はハードウェアウォレット一択ですね。
    基本的にホールド+買い増しが今の仮想通貨投資においては安定しますので、ハードウェアウォレットに寝かせておくのが無難になりますね。
    二段階認証しなかったり中古のハードウェアウォレット買ったりと危機管理がない人はそもそもの実生活においても危機管理能力不足なんちでしょう

    • ハードウェアウォレットがお勧めってことですか!大変参考になります!

      確かにFelicaが実用化されるなら、持ち運びのデメリットも軽減されますもんね。

      あと、中古のハードウェアウォレットは危険ってことですね。

  • そう言えば仮想通貨を貨幣とみなす事に待ったがかかったようですね。

    国からすれば貨幣とみなした方が良さそうな気もしますが、日本主体の仮想通貨じゃない時点で、税収管理も難しいんでしょうかね。詳しい事は分かりませんが。

    個人的には、投機目的の人以外は興味持つ時期じゃないのかなぁと。

    ネット環境に地域格差があるうちはまだ、現物通貨が主導権を握るんでしょうしねー。

    仮想通貨が現物通貨を凌駕するのは、国境が無くなるレベルの話のような気がしてます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です