コメント 2

激アツ!COMSAという疑似株式サービスが10月から始まるぞ~!【仮想通貨】

スポンサードリンク








 

ども、くろっくです。

今回は10/2より始まるCOMSAというサービスについてです。

 

そもそもCOMSAって何やねん?

ざっくばらんに言うと・・・COMSA=仮想通貨を用いた疑似株式市場と考えてよろしいかと。

 

世界に先駆けて仮想通貨法(改正資金決済法)を成立させた日本ならではのICOソリューションが登場する。
仮想通貨取引所Zaifを運営し、プライベートブロックチェーン技術mijinを開発するテックビューロが8月3日に発表した「COMSA」だ。
3種類のパブリックブロックチェーンに対応する点、システム技術としてプライベートブロックチェーンを利用する点、日本の仮想通貨法による法的根拠を売り物とする。

参照元・tech crunch

 

6月からVALUが始まりましたが、それとも似てますね。

大きな違いがあるとすれば・・・

VALUは個人が上場するのに対し、COMSAは企業が上場する。

こんな感じかな。

 

 

てか、僕もぶっちゃけ分からん(汗)

 

 

COMSAをいくらググってみても、難解複雑な記事がばかりが出てきます。

ICOとかトークンとか何のことかさっぱりです・・・

 

 

こういう時は、テキスト(文字)ではなくて動画を見るほうが良い。

非常に分かりやすい動画があったので、それを紹介します。

 

スポンサードリンク



 

COMSAを知りたきゃこの動画を見るべし

 

 

上のトレーダーペカちゅう様の動画。非常に分かりやすいです。

COMSAに関して知りたければ、まずこの動画を見てください。

 

要点だけ引用させていただきます。

 

(COMSAとは)何か?って話なんですが、一言で言うと、皆さんが稼げるチャンスがあるって案件になっています。

 

8/3から事前登録があります。
その後にCOMSAに関しての詳細が告知されて、次にCOMSAのプレトークンセールがある。
ここで、このプレトークンセールがあるところで皆COMSAを買うことが出来ます
で、実際に10/2にCOMSAが始動します。
(中略)
10/2に一般公開されるんですが、大事なのはプレトークンセールの間にCOMSAを入手しておくことです

 

COMSAはですね、発行上限数がちょっと決まり方がイビツなんですね。

一言で言うと、皆さんがお金を出し合って100という単位のお金が集まりました。
世界中の人に100ぶんのCOMSAトークンが支払われます。
で皆さんその配布されたトークンを値上がりを期待して待っているという状態になると思うんですが・・・

100のお金が集まったら追加で100発行されることになります。
なので世界中に出回るトークンの数は200ということになります。

集まったお金の2倍がCOMSAトークンの発行上限数だと思ってください。

 

ちなみに100発行からの追加の100の振り分けは・・・

50%…テックビューロ社やZaifが保有
40%…テックビューロ社員や関係者が保有
10%…COMSAのICO紹介者での報酬として配布

この黄線の「紹介報酬」というのが一つの肝です。
(10%ではなく5%?)

 

紹介者って何?って言うと・・・
今この地点【8/6】でCOMSAってものを人々に紹介したら、例えば追加で発行された100のうち5%(10%?)ですから、5(10?)という単位のCOMSAトークンが紹介した人に配布されるんですよ。
だから無料でCOMSAトークンをゲットできるっていうのと同じ意味なんです。
(中略)
今残り59日間ありあますから、今のうちに速くCOMSAの登録をして、そこで登録後にもらえる紹介者URLっていうのを早くTwitterとかで拡散して、この5%を貰える権利ってのを取得したほうが良いです。

 

本当に説明が分かりやすい!

 

ってことで、僕もブログでCOMSA記事を書いてみました!

紹介報酬に期待してみますw

 

まあ、ネットから得られる情報の中で、上の動画がダントツで分かりやすいです。

ググって色んなCOMSA記事を見てもチンプンカンプンだと思うので、先に動画を見るのをオススメします。

 


とりあえず最初に飛び込むほうが良い

まだまだ細かい事は分からないです。

曖昧な点も非常に多く、そもそもICOとかトークンとかがまず分からない。

 

ただ、1つ言えるのは・・・

とりあえず最初に飛び込めば、先行者利益に巡り合える可能性が高いってこと。

 

ICOとかトークンとか難しい事も、やりながら覚えるほうが早い。

もちろん大ヤケドをするかもしれない。
まあ失敗にしても、失敗経験は(リリースが)早ければ早いほどに良いと思います。

 

まあこんな事を言ったところで、紹介報酬がらみのポジショントークに聞こえるかもしれない。

しかし、こういうのは失敗覚悟で飛び込んだほうが良い、と確信しています。

 

VALUでの失敗経験

以前に僕は、VALU参戦2日で1.3543BTCも負けました。
(当時のレートでは約39.3万・現在のレートでは約48万)

しかし、そのことは全く後悔していません。

結果として大敗北でした。

が、VALUやCOMSAのような機会が100回あるとしたら100回全て飛び込むべき、と確信しています。

VALUを売買した結果、35~50万負けました・・・【養分稼働の一部始終】

2017.06.08

 

VALUでの失敗経験は、以降の買い方の糧になりました。

この大敗のおかげで「VALUはどこが危険でどこが安全か?」ってのを完全に理解できましたからね~。

 

まあ、大ヤケドなんていっても僅か50万ですし。

失敗してもブログのネタにできるのも良いです。

 

あと、COMSAもネズミ講ゲームになると思います。(VALUと同様に)

こういうのは、いかにネズミ講の最上位に陣取れるかってのが肝になりますからね~。

そういう意味でも、サービス開始から早く参戦したほうが良いと思います。

 

最後に補足

 

あとCOMSAの取引所や通貨に関して補足します。

 

取引の場所…..Zaifの取引所?
使われる仮想通貨….ネム【XEM】

 

こんな感じらしい。

まあ通貨はビットコインやイーサリアムでもOKらしいが。

 

当然ながら、ZaifならばXEMもビットコインも取り扱っています。

あと、ここはモナーコインを扱っている数少ない取引所です。

 

 

これを機に仮想通貨を持ってみるってのもどうでしょうか。

まあ、今後はさらに流行するのは間違いなさそうですし。

 

 

では、ここらへんで。

 

 

↓↓Zaifで仮想通貨を購入するにはコチラ↓↓

スポンサードリンク








2 件のコメント

  • さすがに色々知らなすぎですねww
    コムサに関しては日本でのICO成功の鍵を握っています。
    ICOもトークンも何も難しいことはありません。それをやってみてからわかればいいでは間違いです。
    今世界にあるICOの9割弱はほぼスキャムです。簡単に参加すべきではありません。

    • すいません、無知なもので・・・

      ところでブログを拝見しました。
      7/4のまずは始めてみようという記事で、
      「やってみないと何がわからないかわからないんですよね。」
      という言葉がありましたが、僕が言いたいのはこういう事です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です