コメント 8

月収支報告をヤメる理由②~他の5つの理由~

スポンサードリンク








 

ども、くろっくです。

今回も月収支報告をヤメる理由についてです。

 

前回記事で、

「収支を毎月報告しなきゃいけない事によって、自分の行動が縛られて不自由になる」。

この要素が50%(理由①)って事を書きました。

 

今回は、残りの50%についてです。

理由②~⑥までの計5つです。(理由①は前回記事)

 

理由②・読者は稼働時間(時給)なんてのは見ていない

前回、稼働時間&時給を載せるってのは意味が薄い、って事を触れました。

どういうことかって・・・

読者にとっては、収支だけが全てであって、時給とか稼働量は興味がないと思います。

 

そもそも稼働時間の定義そのものが人によって全然違いますし。

そして、「時給が良いのならば、なぜ稼働量を増やしてもっと稼がないのか?」と疑問に思うでしょうし。

 

だから、1週しか稼働してない月に「全然稼働してないから」なんて言ってたところで効果は無い。

むしろ、言い訳してるようにしか映らないでしょう。

 

例えば1月の収支なんかは、ラスト1週間くらいしか稼働していません。

「全然稼働してない」という主張は1月記事に書いたんだが、これだけでは詭弁としか捉えられないでしょう。

なので、いちいち麻雀収支とか半荘数も載せたり、「稼働以外に何をしてたか」ってのも添えました。

 

でも考えてみれば、どうして”稼働してない証明”なんて添えなきゃならんのか。

バカバカしくなってくる。

ただ”稼働してない証明”ってのがなけりゃ、「稼働してないアピール=詭弁だな」としか読者は認識しないはずだしな~。

 

こうなると、読者を納得させるには「月収支&稼働時間がゼロ」で調整する以外に無い。

これならば詭弁じゃない事は証明できる。

でも、そんな意味の無い調整をしなきゃならないってのもバカバカしい。

 

そんなら最初から月収支の報告なんてのはヤメりゃ良いだけです。

詭弁もなにもハナから関係ないし、”稼働してない証明”など読者を納得させる理由も考える必要もない。

 

理由③
最低限の仕事量がとれてる内にあえてヤメて、保険をかけておく

1年後や2年後もスロでちゃんと稼げるのか?と言われると、そんな自信はない。

何が言いたいかって・・・

「食えなくなる前に、あえて月の収支報告はヤメておこう」というゲスい魂胆です。

 

片や、食えなくなってから月収支の報告を突然に廃止する。

もう片や、最低限には食えてる2017.5月末の今、月収支報告の廃止を宣言する。

この両者とでは・・・客観的な印象は天と地ほどに違うはず。

 

てか、月の収支報告ってのは1度始めてしまうと簡単には止められないんですよね。

廃止のタイミングは非常に難しいです。

といっても、4年くらい前からずっと「来年はこうはいかないだろうな」と思い続けていました。
来年の自信なんてないのは毎年のことです。

ただし今回ばかりは状況が違うと思う。

ハイエナ設定狙いどうこう関係なしに、スロット業界そのものが2年後3年後に存続してるのかが怪しい。

あと1年はなんだかんだとイケると思うんだが、念のために今あえて報告はヤメて布石を打っておきます。


 

理由④
ブログのPVを延ばすには意味が無い

月収支の記事というのは、SEO(検索ヒット)的な価値はありません。

当然ながら、いちいち収支で検索する人は多くないはずです。
そもそも、超多数のブロガーが収支記事を書いているからです。

 

かといって周遊率も悪い

というか、年収支記事を1本出しときゃ読者はそれを見りゃ良いですからね。

まあ考えてみたら、月収支記事なんて周遊しないですよね。

 

年収支の記事はブログとしての財産になります。

しかし月収支の記事は、書いてもブログ財産になりません

 

理由⑤
毎日更新でないのなら意義が薄くなる

この理由⑤。
逆に言うと、毎日更新あるいは更新頻度が高い。

これならば月収支の記事は意義があります。

というのも、記事のネタが確実に計算できるからです。

 

月末は確実に記事投稿が計算できる。

毎日更新だと、これは本当にありがたいことです。

 

しかし今のような週2~3更新ならば、記事ネタを計算する意義が薄くなります。

というか、収支記事の割合が全体の1/10近くになってしまう。

 

理由⑥
「オマケ」を添えるのがかったるい

収支だけバンと出せば良いんですが、それじゃ何か味気ない。

なので今月のハイライトとか添えています、
しかし、こんな物を書いてても少しも面白くない。
(面白くないというか、ハイライトなんて興味がない)

 

あと3月記事では、「ビンゴや凱旋ハーデスは荒いよね」みたいな事をオマケで付けたんだが・・・

こんなのは単独記事として書いたほうが良いに決まってるし。

 

数字だけ出せば良いじゃないか!と思うかもしれないが、それだと新規で訪れた人の印象が悪くなるんですよ。

「ふ~ん。この記事の質なのに週2~3更新なのか。他の記事もこんな感じなんだろうな。」と思われかねない。

周遊される可能性が低くなるかもしれないし、リピーターになる確率も減るかもしれない。

 

 

まとめ

月収支をヤメる要因の配分としては、

理由①(前回記事)が50%。
理由②③が25%。理由④⑤⑥が25%ってとこですね。

 

あ、でも年収支記事は書きますよ。

毎月の収支報告ってシステムだけ廃止します。

 

では、ここらへんで。

 

スポンサードリンク








8 件のコメント

  • 私は専業の稼働時間と期待値は
    気になりますね
    というのも
    例えば専業が月50万稼いだとして
    一般の方からしたらいい額だと思いますが
    その月が2000円ラインの200台こなしてたとしたら
    まあ50万はあるなと

    数こなしてるんだから
    大したことしてるわけではないんだな
    てのがわかるからです

    • 月単位での時給はあまり重要じゃない気もします。

      まず、時給だけは良いが単に仕事量が確保できないだけってパターンがあります。

      僕なんて、この仕事量がとれないパターンの月も多いですよ。
      これでは、もし時給が良くたってどうしようもないかと。

      まあ日単位での機種別時給ってのは重要なんですが、月単位での時給は意味が薄いと思ってます。

      ,

      あと、稼働時間が人によって定義が違うってのもあります。

      僕の北海道の時の稼働の特徴としては・・

      ①交通時間を超短縮して、ホテルから5分以内の店をメインにしていた
      ②ただし、ほぼ毎日のように22時25分〜45分にて下見時間を費やした

      ①の交通に関しては、部屋→店までの交通は稼働時間に含めないのが主流かと思います。
      (店→店の移動時間は含めるが)
      でももし含めないとすると、それじゃ片道5分と片道1時間が同じ扱いになってしまいます。
      僕としては時給を出すのはバカバカしいです。

      ところで②の下見といえば、僕が東海に住んでた時は部屋でサイトセブンなどを周遊して調べてました。

      しかし、ネットでハマり台調べるのは相応に時間を喰うんですよね。
      (サイトセブンはマシにしても、自前サイトとかの「前の台へ」とか。1台1ページなので大変です。)

      普通は下見時間は稼働時間に含めると思います。
      しかしサイトセブン周遊の時間は稼働時間に含めるか含めないかというと難しい。

      ・・・

      まあ定義は人によって違うんだから、時給なんて出す必要は無いと思いますよ。

      時給さえ出さなければ、こんな細かい事を気にする必要は無いんですから。

      ごみさんの言う「稼働時間も参考になる」ってのは、
      ここらへんを誠実に稼働時間として扱っている。こんなブロガーに限定されるんじゃないでしょうか。

      あと期待値量に関しては、収支報告として他人に見せるのだから、あった方が良いと思います。
      ただ、正確に出すのは不可能だし、面倒なので・・・

      • 私は時給のことなんて一切言ってませんが?
        専業が月に何台打っててその台を何時間打ってるのか
        参考にしたいだけです
        そもそも時給なんてあとからついてくるものだし
        そんなに意味のないものだと思いますよ
        あくまで参考程度です

        私は単純に打ち始めと打ち終わりの時間を
        記入してるだけです

        移動とか下見の時間は含めません
        それだと正確な時給にならないかもしれませんが
        正確な時給にする必要もないと思うので

        • 稼働時間は関係なくて、台数に限った話でしたか!

          僕も、台数は毎月記録しています。
          けっこう役に立ちますよね!これだけでも自分の中で期待値量の目安になりますから。

          ただし僕の場合はカウントが適当で、

          ・ゾーン狙いは0.5台扱い
          ・微ゾーン狙い(転生とか)は0台扱い
          ・低期待値すぎる青田天井狙いは0.5台扱い(時間つなぎ目的で銭形450牙狼450とか打つ時もあります)
          ・新規開拓で宵越しを消されるラインが不明な場合は、カウントをいろいろ微調整

          こんな感じです。

          「じゃあ今までなぜ台数を報告しなかったのか?」と思うかもしれません。

          そもそも「台数カウント」の定義が違うからです。
          なので、台数だけ報告してもヘンな感じになるかと思います。

          まあ「台数カウント」を一般の価値観に合わせりゃ良いだけの話です。
          しかし、わざわざそんな事をしてまで報告をするメリットが一つも無いので。

          そもそも「台数カウント」を行う理由は、自分が期待値量の目安を知る事だけです。
          なので、カウント方法を一般の価値観に合わせてしまっては本末転倒です。

          これもまた自分の中で完結させるのがベストかな〜、と思ってます。

  • ロム専でしたが、初めてコメントさせて頂きます。
    記事は全部見せて頂いてます。

    旅打ちしてる方の収支は興味がありましたので、月収支は楽しみにしてました。生活費はいくらで差し引くと…とかのぞき見できてる感じが純粋に面白かったです。また、稼働時間も分かれば、観光したり遊んだりしてるのかな~、うらやましいなぁとか勝手に想像してました。

    • コメントありがとうございます!

      >>生活費はいくらで差し引くと…とかのぞき見できてる感じが純粋に面白かったです。

      今後は(毎月の)収支報告は廃止するということで、なんか期待を裏切るようで申し訳ないです。

      たしかに旅打ちというカテゴリで見れば、収支報告は不可欠なのかもです。
      ただ、そのせいで自分の行動が縛れられてしまっています。(詳しくは前回記事を)

      これでは、そもそも何のためにビジネスホテル生活なんかしてるのか分からない。
      そして、そもそも何のためにブログを続けているのかも分からなくなってきます。

      という事情で、毎月の報告は廃止します。
      まっくろうさんの期待に添えず申し訳ないです。

      また機会があればコメントをお待ちしております!

  • でもこのブログにおいてはお金の流れって大事じゃないですか?
    そこから読者が旅打ちという大テーマがあるのにあれやったこれやっただけでは
    一本芯のあるものにならない気がします。

    • それは仰るとおりだと思います。

      収支を出さなくするのならば、記事そのものが以前より不透明になるのは間違い無いでしょう。

      ただ、収支を出さなければならない事によって、自分の中では今回&前回記事のようなデメリットが生じます。
      とりわけ精神的に稼働に縛られるのが良くない。
      そして稼働に縛られると、まとまった時間(1〜3週くらい)を他の事に費やしづらくなります。

      とりあえず、この糞システムから抜け出さないといけない。なので廃止します。
      記事の透明度が下がっても止むを得ないです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です