コメント 2

2017年1月・ホテル宿泊費

スポンサードリンク








こんにちは、くろっくです。

先月の1/15より、家を捨ててビジネスホテル暮らしを始めました。

現在は北海道の某所にいます。

 

ちなみにビジネスホテル暮らしを始めた理由は下の記事からどうぞ。

来年1月よりビジネスホテル暮らしを始めます。その5つの理由。

2016.12.03

 

そして今月から、月当たりの宿泊費も毎月恒例の記事にしていきます。

 

では、1月の宿泊費の発表です!

スポンサードリンク



1月宿泊費

1/15~1/31
(計17泊)

64520円

1泊平均…3795円

 

真冬の北海道なので安く済みましたね。
(北海道って夏だと高いんだけどね)

 

 

ちなみに1/15~1/24で、札幌に10泊。

うち、東横インのワケありの安い部屋に6泊。(1日平均3547円)

 

その安い部屋はコチラ。

 

御覧のとおり、イスが無い・・・

背もたれが無いので、ブログを書いてる時なんか違和感がありました。

 

やっぱり、非快適な部屋に当たってしまうとキツイ。

予測不能なので仕方ないんだけど。

 

まあ部屋面積は無駄に広かったです。

 

宿泊費以外でのプラス期待値

ちなみに1月は全て東横インでした。

全て朝食付き。
といっても軽食なんですが。

まあ、野菜が摂取できるので満足はしています。
(賃貸のころは、野菜代でそれなりに使ってた)

野菜は高いですから、朝食の期待値としては350円ってとこか?

というか、2/3日~1/2日くらいしか朝食フォローできないんだけどね。

朝食期待値は1日平均200円くらいかな

 

それとポイント付与があります。

17泊してるので17P(10Pで1泊無料)がついてきます。

東京のような高い場所でも同じく1泊無料。
(東京だと1泊7000~8000円)

なので、それまで貯めることにします。

ポイント期待値は、低くても1日500円はあるでしょう

ただし、ポイントはいずれ消費されます。
なので年単位で見ると「+α」とはならないですね。

なんというか年単位で見ると・・・
朝食期待値は現金化されないです。
しかしポイント期待値は現金化されます。

「朝食=潜在期待値」
「ポイント≠潜在期待値」

年単位で見ると上のような等式になると思います。


マイナス期待値

一方でデメリットも。

洗濯はコインランドリーなので若干高くつく
さらに下まで降りるのが面倒くさい。

加えて、家にいる時のように「安く買い溜め」ができない。
これは水・お茶・コーヒーとか。

いちいち単品価格で買わざるをえないので、やや高くつく

月単位で見ると・・・

1か月で6000円前後のマイナスってとこか?

 

まあ、朝食期待値と合わせて相殺されるってとこでしょうか。

 

宿泊費の目標

まあ最初の半月は安い地域だったが、今後は高い地域にも泊まると思います。

地域別の宿泊費を考えると・・・

 

目標としては、

1年で180万以内(ポイント消費込み)。

月15万以内には収めたいですね~。

 

スポンサードリンク








2 件のコメント

  • 土地柄なんですかね、東横インということもあるとは思いますが、思ったよりランニングコストが高い…
    昔営業やってた時に、宿泊費交渉をしてたのを思い出しました。

    • ランニングコストとは「ホテル側の維持費」ということですか?

      そういう意味じゃ、
      「ホテル内の暖かさの維持費」は高いのかもです。

      というか、本当に建物の中は快適なんですよね。

      氷点下△10℃だろうが△20℃だろうが、暖房を入れる必要が無いです。

      この「快適さの維持」に案外かかってるのかもです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です