コメント 2

ビンゴを考察する①~「周期集中C以上」ってどうするの?~

スポンサードリンク








 

ども、くろっくです。

ビンゴを全3回に分けて考察していきます。

 

今回は、ビンゴの周期集中C以上についてです。

 

C以上確定演出が出たら、0G~でも様子見すべきなのか?

 

これ微妙なところですよね。

周期集中C以上の考察って、ググってもなかなか出てこないんだよな~。

皆どうしてるんだ?、っていうのは結構気になります。

 

そこで今回は、僕なりにビンゴの周期集中C以上について考察してみました。

 

 

結論から言うと・・・

 

0G~は捨てても何ら問題無い。
(E確定のカーペットは0G~で追った方が良い)

ただし、444(ネオ)直前でC確が出て444スルーした場合。
これは444抜け~天井まで全ツ。

 

こんな感じですね~。

 

 

ビンゴの解析は不明瞭

意外とビンゴって、ちゃんとした解析が出てないんですよね。

例えば、高確中の周期抽選が当選率28%というのは公表されてます。
しかし、肝心の低確中の当選率が不明です。

個人的には、
周期到達の総合の当選率=12.5%前後(ネオ)
だろうと予想しています。
(低確中は10%ってとこじゃないでしょうか)

 

そして、周期集中Cの価値についても不明瞭な点が多い。

集中Cの周期短縮率は1/16.7
ここまでしか公表されてないです。

ただ、この数字だけ出されても良く分からない。

実質的な大当たり確率は不明。

不明瞭な解析は他にもあって、
「ビンゴネオの天井はHoaah発生率が3倍」とか言われてます。

しかし、この公表は大ウソです!

これは後日記事にします。

 

 

じゃあ、周期集中C以上の価値ってどんなもんなのか?

 

検証してみます。

 

 

前兆中は無抽選?(周期短縮が)

前述したように、C滞在での周期短縮率は1/16.7です。

じゃあ、その1/16.7で周期の大当たり抽選をしているのか?

 

実はコレ違います。

周期到達からの前兆G数。これを加えないといけません。

 

そして、この周期到達時の前兆中。

どうも周期短縮が無抽選っぽい

この前兆15G前後は、抽選はCZ&直当たりのみということ。

 

どこにも解析は出てないんだけど。実践ではこういう風に感じます。

 

そして傾向としては、自力周期の前兆は長いです
(ゾロ目周期の前兆は短いんだが)

とすると実質的には「抽選16.7G+前兆15G」くらい。

これで当選率12.5%とすると・・・

大当たり確率は1/253.6前後。

 

そして、直当たり&CZ抽選を加える。

「1/253.6+α」とでもしておきましょう。

 

すると・・・

プラスになるのは間違いないです。

が、それほど大きくは無い。
微プラスってとこでしょうか。

 

 

まあプラスはプラス。

だがしかし、これで終わりじゃない。

 

2つのネガ要素があります。

 

それは、「転落後の期待値マイナスを回すリスク」。

そして「本前兆を取りこぼすリスク」です。


転落後を回すリスク

集中Cの場合は、1/34.19で通常に転落します。

ただし、前兆中は転落抽選は行われません。
なので実質的な転落率は、倍近くの長さになるでしょう。

ちなみに、ビン娘が左から出る(C確定)発生率は、トータルで1/10前後です。

普通に考えて、妥当なヤメ時は・・・

 

10Gくらい左から出なかったらヤメ

このヤメ時が理想でしょう。

右から頻繁に出てる場合は、さらに数G様子見という事になるのかな。

 

 

ここで重要なのは、転落後を回してもマイナスです。

とはいえヤメる直前は、このマイナス期待値を数G回さざるをえないわけです

 

 

集中Cの実質当選率は「1/253.6+α」と前述しましたが・・・

転落直後の数Gはマイナス域に足が出ます。

これだけで机上の数字に影響が出ます。

 

 

集中Cは、短縮率1/16.9・転落率1/34.19です。

平均3連すると仮定します。
(Cだと平均2連ですが、Dの可能性もあるので)

そして、「転落後は通常を9G回さざるを得ない」とします。

すると・・・

「1/253.6+α」→「1/277.6+α」

たったこれだけで大きく分母が変わってしまいます。

(ちなみに通常9Gが短縮率0%仮定です。実際はゼロじゃないんだが)

 

 

ちょっとした繊細な事でも机上の数字はズレるってことですね~。

 

 

それだけじゃない。

 

静かだからといってヤメ時を早くし過ぎると・・・

今度は「本前兆を取りこぼすリスク」が高くなります

 

本前兆をこぼすリスク

まず重要なのは、
前兆中は集中示唆演出が発生しづらくなります
(ゾロ目周期は出るんだが、自力周期は出づらい)

なので、ビン娘が数G出ないからといって「実は前兆だ」という可能性もあるわけです。

 

厄介なのは、意外とビンゴって前兆が見分けにくい事です。

もちろんFが出たり、ビン娘とボールが絡めば前兆確定です。

上記なら分かり易いんだが、実際はそう都合のよい展開ばかりじゃないはず。

 

例えば、オール同色→通常目→オール同色。

こういうのは頻繁にあるし、前兆なのか違うのか見抜くのは無理。

この場合は、結局数Gは様子見しないとキツイ。

 

なによりも、前兆に入ってるのにダンマリなんてケースもあります。

444でもダマ前兆は多いですよね。

 

何が言いたいかって、本前兆を取りこぼすリスクを孕んでること

「静かだしヤメよう」と思っても、実はダマ前兆だった!そして本前兆だった!

こんなケースは稀ながらあるはずです。

 

 

これらを加味すると、机上の大当たり確率よりも下がるわけです。


机上ではプラスだが・・・

パッと見は「周期集中C以上は余裕のプラス」のようにも見えます。

おさらいすると、自力周期の当選率が1/253.6前後。
そして、CZ当選+直撃当選を加えます。

なので「1/253.6+α」という暫定。

 

ただし、MAXで「1/253.6+α」というのに過ぎません。

 

ここから更に2つのネガ要素で削られます。

・「転落後のマイナス期待値を回すリスク」
・「本前兆を取りこぼすリスク」

 

この2つのネガ要素を合わせると・・・

 

雀の涙レベルの期待値にしかならないのでは?

と感じます。

 

 

ちなみに僕自身は、集中C確が出たら0G~をフォローしてました。

ただ今日からは改善して即ヤメの方向にします!

 

 

次回は、「周期集中E確定のカーペットが出たらどうするのか?」について書きます。

 

結論をフライングすると・・・

カーペットは押した方が良い。
ただし、捨てても大きな問題は無いと思います。

 

では、ここらへんで。

 

スポンサードリンク








2 件のコメント

  • ビンゴよく打つ自分にとってはとっても興味深い記事でした。

    集中Cまでは実際確認できるけど、当たりが軽いっていう感覚がまずないんですよね~

    今までは集中C以上にいるだろうって時に当たった時は33G+@で押し引きしてましたが、まあ当たらないですwww

    444抜け+C以上はやっぱそのまま打ち切りましたが、天井いってもフアしたこと2回しかないような・・・
    (試行台数は分からないです)

    • 次の記事で詳しく書きましたが、
      やっぱり周期短縮の単体では弱いと思います。

      ゾロ目周期や444仮天井と複合させないとショボいのでは?と感じてす。

      これEだったら111なり333なりに到達します。
      ですが、Cならば111にすら届かないですからね〜。

      そして111まで持たずに転落すると・・・
      マイナス地点でハシゴを外されるので444フォローも不可能です。

      Eならば、250越えのプラス地点でようやく転落、という展開も多いと思います。
      これならばハシゴを外されても444に行けるので何も問題ないです。

      やっぱり「C以上確定」ぐらいでは、0G〜の期待値はショボいと思いますね〜。
      周期短縮のみが頼りになってしまうので。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です