コメント 0

G-naviというデータ表示機は食える!?欠陥品がゆえに隠れハマりが頻発!

スポンサードリンク





 

ども、くろっくです。

今回は、特定のデータ表示機は高期待値が拾いやすくなる、という主旨の記事です。

 

 

まずは下の表示機をご覧ください。

 

 

このデータ表示機は、G-naviといいます。

たまに見る表示機ですよね。

 

結論から言うと・・・

この表示機は欠陥品です。

欠陥がゆえにハマりが隠れやすくなり、高期待値台が拾いやすくなります。

 

 

ここからは具体例を出していきます。

 

牙狼の例

最初は牙狼の例から。

まずは、大当たり履歴の詳細データをご覧ください。

 

注目は上から5段目〜9段目。

 

ゲーム 種類 ART数 枚数
3回前 1202 ボナ 157
4回前 (1072) 魔戒 49G 217
(1070) 魔戒 52G (119)
5回前 (353) 魔戒 20G -6
6回前 131 ボナ 161

 

5回前の353G魔戒に注目です。

ART数20G・枚数-6枚となってます。

 

これはART(魔戒)当選ではなく、ARTの誤認識です

おそらくは、道中のRTの一部でしょう。

 

G-naviは、こういう誤認識ARTが発生しやすいです。

とんでもない欠陥品です。

欠陥がゆえに、隠れハマリ台が出やすくなるっぽい!

 

 

ちなみに表示機では、次の天井当選が(1020G)と括弧つき。

これではハマリ数がそのまま現在ゲームとして表示されるのでは?と思うかもしれません。

 

大丈夫です。ハマリ数は隠れます。

 

見づらいんだが、上の写真。

天井到達の瞬間のデータ表示です。

見えづらいんだが、現在ゲーム636G・履歴内ゲーム1009Gとなっています。

 

ただ注意すべきは、履歴内ゲームはボナ間なので本物の魔戒でも括弧つきになります。

店によって違うかもしれないが、ややこしいので注意が必要ですね。

 

バジリスク3の例

次はバジ3の例から見ていきます。

 

上の写真が現在のツブ履歴です。

そして、大当たり履歴の詳細を見てみます。

 

2回前の269GのBTに注目です。

ARTゲームが20G、獲得枚数が-4枚と表示されてます。

こちらもRTの一部が当選と誤認識されています。

 

この台の現在ハマリの正解は・・・

252+227(BC)+269+20+α=787Gです
(+αとは、ART後の最初の数Gがノーカウント)

 

 

まあバジ3の場合は台メニューから確認できますね。

しかし牙狼の場合は台に正確なG数が出ないので、さらに注意が必要です。

 

こんなのはG-naviだけ

おそらくデータ器の多数は未来ゲートだと思います。

未来ゲートはもちろん、他の表示機など全て入れても・・・

 

こんな事が起こるのはG-naviだけだと思います。

 

バジ3も、今まで液晶とデータ器のズレは見た事がありません。

しかしG-naviの店に来たとたんにコレ。

しかも、バジ3だけで1日に2件発見しました。

 

G-naviは欠陥品です。


G-naviは本当にヒドい

というか、この表示機はものすご~く見づらい。

 

例えば、絆の6スルーを発見して打ったんだが・・・

実はBT後に即ヤメされてた台でした。

だから表示上は6スルーなんだが、即ヤメされてるのでBT表示が追い付いてないわけです。

 

他にも、例えばハーデス1200Gで当たって1Gヤメすると・・・

まるでハーデス1200ハマリが空いてるように見えてしまいます。

 

牙狼を打った時も498~でした。
(青田なので打ちます)

そんなこんなでG-naviに不信感をいたもので、打ちながらグラフや履歴を確認すると・・・

 

あれ?前回の353魔戒がART20Gの-6枚って・・・

誤認識なんじゃね?

 

と気付きました。

 

なので実際は、498+353=851ハマリだったわけですね。

 

とんでもない欠陥品です。

しかし、それがゆえに隠れハマリも頻発するっぽいです。

 

 

 

ひょっとすると、たまたま僕が行った店のG-naviが偶然に欠陥仕様だった、という可能性はありますが。

 

ただ、本当に全国共通で欠陥品の可能性もあります。

G-naviを採用してる店はチャンスなので、注意して履歴を見る事をオススメします!

 

では、ここらへんで。

 

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です