スポンサードリンク



コメント 0

WealthNaviとTHEOの入金キャンペーンが期待値の塊すぎる件【ロボアドバイザー】




 

ども、くろっくです。

今回は、WealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)についてです。

 

▼WealthNaviは下バナーから▼


▼THEOは下バナーから▼


 

結論から言います。

 

WealthNaviとTHEO。

両社ともに入金キャンペーンを頻繁にやっています。

これって地味にオトクすぎなのでは?期待値の塊なのでは?という話なわけです。

そして「キャンペーンがあるたびに資金を移動させる」ということが上手くできれば、そのキャンペーン還元だけで相応の金額になるのでは?と。

 

 

とりあえずは、両方に登録しておくに越したことはありません。

 

【そもそもWealthNaviやTHEOとは?】

投資一任型のロボアドバイザーのことです。
大雑把に言うと、金を振り込んでリスク許容度を設定するだけでロボットが勝手に銘柄を決めて投資してくれる、というシステムです。

そして、仮にWealthNaviやTHEOの会社本体が倒産したとしても1000万円まで保証されます。
この1000万円保証こそが仮想通貨やソーシャルレンディングとは決定的に違うところです。

 

期待値の塊である入金キャンペーン。

これより先は、その詳細について書いていきます。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)



 

この記事を書いているのは2019/09/15ですが・・・

WealthNaviでは、現在進行形で2019/10/4までキャンペーンが実施されています。

 

秋のキャンペーン
2019/8/31~2019/10/4

20万円~50万円未満 = 500円
50万円~100万円未満 = 1,000円
100万円~150万円未満 = 3,000円
150万円~200万円未満 = 6,000円
200万円~300万円未満 = 9,000円
300万円~500万円未満 = 15,000円
500万円~1000万円未満 = 25,000円
1000万円~ = 50,000円

【主な条件】
2019/8/30〜2019/12/30まで出金を一切しない

 

「期間内に300万円を入金して12月30日まで出金しなければ問答無用で15,000円がもらえる」ということですね。

そもそも論として「入金して投資をする行為そのものが期待値プラスである」と言われてますからね~。
つまりは「期待値プラスの行為(入金)をすればするほどにキャンペーンで現金がもらえる」ということです。

これを期待値の塊と言わずに何と言いましょうか?

 

そしてWealthNaviは、2019年に限っては入金キャンペーンを春夏秋冬にわたり4回やっています。

(他にも積立投資キャンペーンや招待キャンペーンもやってますが、当記事では割愛します。)

 

夏の入金キャンペーン
2019/6/1~2019/7/31

20万円~50万円未満 = 1,000円
50万円~100万円未満 = 2,000円
100万円~150万円未満 = 7,000円
150万円~200万円未満 = 14,000円
200万円~300万円未満 = 18,000円
300万円~500万円未満 = 25,000円
500万円~1000万円未満 = 30,000円
1000万円~2000万円未満 = 50,000円
2000万円~ = 100,000円

【主な条件】
2019/6/1〜2019/8/30まで出金を一切しない

 

春の入金キャンペーン
2019/3/1/~2019/4/1

10万円~20万円未満 = 500円
20万円~50万円未満 = 1,000円
50万円~100万円未満 = 3,000円
100万円~150万円未満 = 5,000円
150万円~200万円未満 = 15,000円
200万円~300万円未満 = 20,000円
300万円~500万円未満 = 25,000円
500万円~1000万円未満 = 30,000円
1000万円~2000万円未満 = 50,000円
2000万円~ = 100,000円

【主な条件】
2019/3/1〜2019/5/31まで出金を一切しない

 

冬の入金キャンペーン
2018/12/1~2019/1/31

10万円~15万円未満 = 500円
15万円~30万円未満 = 1,000円
30万円~50万円未満 = 2,500円
50万円~80万円未満 = 4,000円
80万円~115万円未満 = 7,000円
115万円~200万円未満 = 11,000円
200万円~300万円未満 = 18,000円
300万円~400万円未満 = 21,000円
400万円~500万円未満 = 24,000円
500万円~800万円未満 = 27,000円
800万円~ = 30,000円

【主な条件】
2018/12/1〜2019/2/28まで出金を一切しない

 

このように「冬→春→夏→秋」という具合で定期的にキャンペーンが行われています。

普通に考えて、2020/1/1にも冬のキャンペーンが打たれる可能性は高いです。

 

とはいえ「春の入金キャンペーンGET→その資金を抜く→夏の入金キャンペーンに間に合わせて入金する」というのは出来ないようです。

キャンペーンを拾うのならば「春GET→出金→秋GET→出金→春GET」。
もしくは「夏GET→出金→冬GET→出金→夏GET」のように季節を1つまたいでの循環になりそうです。

まあ「〇〇まで出金を一切しない」という条件をクリアしたならば、さっさと出金して次のキャンペーンに備えたほうが良いでしょう。

 

THEO(テオ)



夏のボーナスキャンペーン
2019/6/28~2019/8/31

20万円~50万円未満 = 1,000円
50万円~100万円未満 = 3,000円
100万円~150万円未満 = 7,000円
150万円~200万円未満 = 12,000円
200万円~300万円未満 = 15,000円
300万円~500万円未満 = 25,000円
500万円~1,000万円未満 = 40,000円
1,000万円~2,000万円未満 = 80,000円
2,000万円~ = 150,000円

【主な条件】
2019/6/28〜2019/10/31まで出金を一切しない

 

冬のボーナスキャンペーン
2018/11/1~ 2019/1/31

10万円〜20万円未満 = 1,000円
20万円〜50万円未満 = 2,000円
50万円〜100万円未満 = 3,500円
100万円〜200万円未満 = 10,000円
200万円~ = 15,000円

【主な条件】
2018/11/1〜2019/1/31まで出金を一切しない
(これに限っては締切日と出金制限日が同じ)

 

入金キャンペーンはTHEOでも打たれています。

ただし、その頻度はWealthNaviよりも少ないですね。

 

 

両方を往復してキャンペーンを貰おう

 

理想としては、WealthNaviTHEOの両方に登録して頻繁に資金往復するのが良いと思います。

 

【WealthNavi】
・冬=12/1~1/31(12/1~2/28まで出金NG)
・春=3/1~4/1(3/1~5/31まで出金NG)
・夏=6/1~7/31・(6/1~8/30まで出金NG)
・秋=8/31~10/4(8/31~12/31まで出金NG)
【THEO】
・冬=11/1~1/31(11/1~1/31まで出金NG)
・夏=6/28~8/31(6/28~10/31まで出金NG)

 

WealthNaviだけで回すと・・・

「冬〇→春×→夏〇→秋×」というシステムになってしまいます。

300万をIN&OUTすると、1年で冬21k+夏25k=計46kです。
500万ならば、冬27k+夏30k=計57kです。

 

しかしTHEOと併用すれば・・・

「THEO冬〇→Wealth春〇→THEO夏〇→Wealth秋×」という形を作れます。

300万をIN&OUTすると、1年で冬15k+春25k+夏25k=計65kです。
500万ならば、冬15k+春25k+夏40k=計80kです。

明らかにこっちのほうがお得ですね。

(ただし「最高形はこうだった」という結果論の後出しというのは否めませんが)

 

 

 

なので、とりあえずは両方に登録しとくのが良いでしょう。

少なくとも、銀行に眠らせておくぐらいならばWealthNaviやTHEOに入金してキャンペーンを拾ったほうが良いと思われます。

キャンペーンを抜きにしても「投資行為そのものが期待値プラス」と言われてますし。

 

▼WealthNaviは下バナーから▼


▼THEOは下バナーから▼


 

 

現状を見る限りは、来年の2020年までは入金キャンペーン祭りは続きそうな感じがします。

ロボアドの普及率はまだまだ低いので、現金のバラマキは当分続くだろうと思われます。

(もちろん2019年でキャンペーンは完全終了する可能性もありますが)

 

 

では、ここらへんで。

さらにマニアックな期待値考察&立ち回り考察をnoteにてやってます!
https://note.mu/district9

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です