スポンサードリンク




コメント 12

パチスロ&期待値稼働に対する今の考え

 

ども、くろっくです。

今回は、8/31時点でのパチスロ&期待値稼働に対する考えです。

 

まあ、考えというよりも「稼働についてどう考えているのか?」という見解です。

 

結論から言うと・・・

 

僕は基本的に、「パチスロは早くて再来年には消滅する」という前提で考えている。

しかし、来年までは余裕で食える可能性は高い。

言い換えると・・・「来年までならば、新しい分野で失敗しても保険が効いている」ということ。

ならば、新しい分野での経済的失敗を早いうちに経験した方が良い。

もし失敗すれば、その時は稼働で期待値を積んで経済力を回復できる。
しかし、稼働での期待値が見込めない時での失敗は保険が効いてないので危ない。

まとめると、パチスロ&期待値稼働=別分野での失敗のセーフティネットという扱いで考えている。

 

8/31時点では上のような見解です。

 

そんじゃ、もう少し詳しく書いていきます。


スポンサードリンク




まずは近況報告から

僕の最近のパチスロ稼働ですが・・・

7/31~8/24の間は全く打っていない状態です。

8/25から少量ながら稼働を再開しました。
ホテル→店が10分以内の等価地区を見つけたので、暫くはまったりと過ごします。

とはいえ、ガッツリ稼働するつもりはないです。

気が向いたときにチョロっと期待値を拾いに行くって感じですね~。

 

そんで、スロの代わりに何をやっているのか?というと・・・

仮想通貨とVALUです。

特に8/1のハードフォーク以降は、仮想通貨をいじる頻度が急激に上がりました。

 

まずVALUなんですが・・・
利益をほとんど上げられていません(汗)

VALU初日に35~50万負けたことを以前記事にしました。

しばらくして、7月中旬から初期値1.5倍ループだけを狙い打つ買い方を徹底しました。
確かに堅実に勝てる。とはいえ小銭にしかなりません。

初日の負け額を回収できないまま終わってしまいそうです。

(というか、VALUはもうオワコンですね。10月のCOMSA開始にて完全に息絶えるでしょう)

 

そして仮想通貨。

こちらのほうは、利益を出すことに成功しています。

というか今はバブルです。
サルでも勝てるのが今の仮想通貨です。

 

ちなみに、8/31(18時)での今のポジションは・・・

BTC….約120万円相当
XEM….約220万円
ETH…..約25万円
ZAIFトークン….約10万円

計375万円前後です。

まあ暫定的なポジションに過ぎないので、すぐに崩すんだけどね。

とはいえ、XEMに集中投資する方針なのは確定しています。

 

まあ、VALUを始めるためだけに仮想通貨を買ったわけですが・・・

いつの間にか仮想通貨がメインになっています。

これは思わぬ副産物です。

道の先はどうなっているのか?というのは分からないものですね。

 

そして、10月からはCOMSAが始まります。

ここは激アツらしいので、まず50万円は使う予定です。

状況が良ければ、もう50万もう100万とガンガン使っていきたいです。

激アツ!COMSAという疑似株式サービスが10月から始まるぞ~!【仮想通貨】

2017.08.07


スポンサードリンク




パチスロは再来年にて完全終了?

少し話題が変わって、パチスロに話を戻します。

パチスロ業界というのは、7/10発表の大幅規制などによって暗雲が漂っています。

 

個人的な見解としては・・・

パチ業界は、早くて再来年の2019年には日本から無くなる。

こう考えています。

 

「この業界は、規制と緩和の繰り返しだ。すぐに戻る。」
「5号機の時もこんな感じだった。何も変わらない。」

こんな声も耳にします。

しかし、こんなものは単なる思考停止です。

 

確かに、今までは規制と緩和の繰り返しでした。

ただし今は、過去の歴史とは全く状況が違います。

まず、カジノ問題があります。
そして、世のパチ業界への風当たりは過去と比べ物にならない。

政府も国民もみんなが「パチンコ屋など消えてほしい」と思っているわけです。

今までと同じように「規制の次は緩和だ」なんてならないです。

 

そりゃ、パチ業界は潰れない可能性のほうが高いですよ。

ただ、潰れる可能性よりも潰れない可能性のほうが高いってだけです。

体感確率で言うと、
3年以内に業界が潰れる可能性は30~40%くらいじゃないでしょうか?
(まあ適当だし根拠なんてないんだけど)

1つ言えるのは、パチ業界が潰れる可能性は適度に高いと思います。

 

 

とまあ、予想するだけならば誰にでも出来ます。

重要なのは、どう動くか。

「パチ業界は3年以内に潰れる」と考えるならばどう動くか?

 

僕としては・・・

今までは稼働に費やしていた時間の何割かを、別のことへ費やす。

こう行動しています。

その実践例が、VALU・仮想通貨・everexのICOです。10月にはCOMSAもあるし。

 

まあ、たまたま幸運で利益が出てるだけなんですけどね。
「新しい稼ぎ口を見つけた」なんて傲慢なことは露ほども思っていません。

 

新しい事を始めるのは良いが、最初は必ず失敗をする

新しい稼ぎ口を見つける。

こう考えている専業の方も多いと思います。

 

しかし、1つだけ盲点があります。

それは、新しい事を始めるには必ず経済的流血が伴う、ということ。

 

仮想通貨にしてもVALUにしても、転売にしても為替にしても、何にしてもそうです。

初心者なんだから最初は上手くいかないに決まっています。

儲けがゼロならばマシなほう。
何百万単位での大きな経済的失敗をする可能性は高いわけです。

(唯一でアフィリエイトだけは経済的損失は少ないが、時間的損失というのが甚大なはずです。)

 

最初から失敗せずに順風満帆で進める人なんて殆どいないです。

仮に成功したとしても、次の伸びしろに苦労するはずです。
こういう人は(その分野での)失敗経験がないので、「何が危ないか?逆に安全なのは何か?」が分かっていないからです。

 

なので、新しい事をやるならば失敗する前提で行うべきだと考えています。

失敗するのが当然です。


スポンサードリンク




失敗するならば、稼働の計算が見込める期間が良い

ところで、失敗して良い状況失敗したらヤバい状況とがあると思います。

 

まず、失敗して良い状況

これは稼ぎ口がある状態のことです。

失敗したら本業に精を出して再起すれば良いわけです。

例えば、総資産500万で200万失うとする。
そしたら「しゃあない、本業がんばろ。」と本業に時間を割くことで立て直せます。
言ってしまえば、HP回復の手段が残されているわけです。

 

逆に、失敗したらヤバい状況

これは稼ぎ口がない状態のことです。

失敗しても、稼ぎ口がないので挽回できないわけです。

例えば、総資産500万で200万失うとする。
本業がないので資産回復の手段がありません。
HPを回復する手段がないので、次の300万だけが生命線になります。

 

何が言いたいかというと・・・

スロ専業が別分野で失敗するには今しかない!

ということ。

 

繰り返すが、パチ業界は3年以内に消滅する可能性は高い。

しかし、来年までは食えることが濃厚なわけです。

 

なので、今失敗しても大して問題ないわけです。

失敗したならその時は、稼働に徹底的に時間を割くことで挽回できるからです。

来年まではHP回復の手段を持ち合わせているわけです。

 

しかし、パチ屋がいよいよ消滅する!という時に失敗するのは危険です。

稼働でのHP回復が見込めないからです。

 

スロ稼働=セーフティネット

僕の今のパチスロの意味付けとしては・・・

パチスロ=セーフティネットです。

 

セーフティネットがあれば、失敗しても良いわけです。

しかしこの命綱は、早ければ再来年に消滅する可能性があります。

 

 

僕はVALUの初日で35~50万も負けました。

それだけではない。

2年前と3年前には、為替で300万負けています。
麻雀でも2年前に年100万負けました。
競馬でも1日で45万負けたこともあります。

 

このように僕は、散々にわたって失敗してるわけです。

が、ここまでやらかしても致命的にまでは至らないわけです。

なぜなら、稼働というセーフティネットがあるからです。

失敗しても、「こうなったら稼働がんばるしかない!」と切り替えられるわけですね。


スポンサードリンク




まとめ

今のパチスロの意味付けは・・・

パチスロ&期待値稼働
=別分野での失敗のセーフティネット

という考えです。

 

来年までは稼働の計算が見込めます。

なので、今年のうちに、別分野での経済的失敗を経験するほうが良いと考えています。

 

「今のうちにガッツリ稼働したほうが良い!」と言う人も多いと思います。

しかし個人的には、「別分野で経済的失敗をしたなら、その時にガッツリ稼働すれば良い」という考えですね~。

 

まあ、別分野で失敗するなら今年のうちが良い!って見解です。

 

 

こういう文脈でアフィリエイトを貼るのはよろしくないんだが・・・

COMSAや仮想通貨のリンクも紹介しときます。

 

まずCOMSA。

10月スタートのICOです。

激アツなのは間違いなさそう。
しかし、競争率も激しそうなのがネックかも。

 

【COMSA登録はコチラ】

 

 

そして仮想通貨。

取引所のビッグ3は、
①ZAIF、②coin check、③bit flyerです。

 

まず①ZAIF

COMSAはZAIF取引所と連携で行われます。
XEM&モナコインが安く買えるのもZAIFですし、ZAIFトークンにも注目が集まっています。

取引所の手数料も格安ですので、個人的には最もオススメです。

 

登録はコチラ→Zaif

 

次に②coin check

特徴としては、色んな銘柄のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を扱ってることですが・・・
アルトコインの手数料、というかスプレッドが非常に高い。
アルトが欲しければPoloniexという海外取引所を使った方が良い。

しかし、ビットコインだけを買うのならば最も良いです。
取引板の手数料もゼロですし。
「とりあえずビットコインだけ」という人には、coin checkが最もオススメです。

 

【coin check登録はコチラ】

 

最後に③bit flyer

ここの短所は取引所の手数料が高いこと。(0.1%前後)

とはいえ、日本No1の取引所ですから信頼度がケタ外れです。

あとイーサリアムが欲しいならばbit flyerが最適です。

coin checkでもイーサリアムは売っていますが、bit flyerの取引所で購入することをオススメします。

 

【ビットフライヤー】

 

最後になりますが・・・

仮想通貨を買う際は、販売所ではなく取引所を利用してください。

値段が全く違います。ここは注意してくださいね。

 

では、ここらへんで。

 

 

↓↓ ランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村

パチスロランキング

スポンサードリンク








12 件のコメント

  • うーむ…もはやパチスロブログではなくなってきましたね。

    ブログタイトルもそのうちまた変わるんでしょうか?

    やっぱり【無職の剥きだし】のままで良かったんじゃないでしょうか笑

    • そうですね。
      今後はパチスロ関連の記事は少なくなると思います。

      理由は色々あるのですが・・・

      ①もうスロ記事は書き尽くして、特に書きたい事が無い。
      ②旧基準など撤去される(可能性が高い)ので、今書いてもストックにならない。
      ③スロ記事のPV単価は低く、別ジャンルのPV単価は高い。

      大きく分けるとこんな感じです。

      タイトル変更については7月からずっと考えてたんですが・・・
      現状は良いタイトルが思いつかないんですよね〜。

      あまりタイトルを変えるのも良くないですし、難しいところです。

      「VALUスロ第9地区」に変えようと思ってはいましたが、
      今はVALUがオワコンになったので、変更しないで良かったです。

  • 思ったんですが、くろっくさん最初からお金ぶっ込みすぎじゃないですか?勉強目的なら最初は最小単位ぐらいのお金から始めた方が良くないですか?いくら理屈で考えて失っていい範囲のお金でも実際損切りすると、メンタルにめちゃダメージ食らいますからね。その後下手すると取り返そうと無茶なトレード繰り返したり、不用意にロットあげちゃったりしてボロボロになりかぬませんし。
    分析するにしても、ダメージでかいとなかなか冷静になれなかったりモチベ低下につながって後の行動に響きやすいと思います。

    • 最小単位だと真剣になれないですからね〜。負けたら痛いからこそシビアになります。

      しかも、もし勝った時に「なぜもっと金を入れなかったんだ?」と後悔します。

      負けても後悔するし、勝っても後悔する。
      これでは何のためにやっているのか分かりません。
      ならば最初からアクセル全開で行ったほうが良いと考えています。

      あと勉強目的ではなくて、売買のついでに勉強するという感じですね〜。

      • なるほど、そういう考え方もあるですね。

        話変わるんですけど、麻雀の話は以前書かれてましたが、競馬とfxの話書かれてましたっけ?まだならぜひ過去話見たいです。

    • いえ、決まっていないですよ。
      1つ確定してるのは、「来年まではパチスロでも食える」って事です。

      記事で書いたとおり、来年まではセーフティネット(スロ稼働)が機能するので失敗してもHP回復できます。
      なので、今年のうちに失敗覚悟で色々触ってみようかな〜とは思ってます。

  • 言いたいことは分かりますがお盆まるまる休むって大胆ですね
    朝一から昼まで稼働(リセット漁りに宵越し狙い)
    安い台しかなければ昼から夜まで勉強
    夜から稼働(7時からの天井狙い)
    または
    月(朝)金(夜)土日祝フル稼働で天井狙い
    かつ強イベント日のみの設定狙い
    残りは勉強
    なんて感じが効率が良い気がするんですが人それぞれスタイルが違うってことですかね

    • 7月まで茨城にいたのですが、等価が終了になりました。
      この告知が6月あたりだったと思います。

      なので「7月いっぱいは茨城で稼働多めにとって、8月は別の地域に移って稼働を休もう」と決めておりました。

      というか旅打ちの都合上・・・
      「1つの地域に1か月前後居座って稼働する」ってやり方をしないと効率が悪いんですよね。
      いちいち移動するたびに換金率とか店の傾向とか把握するのは非常に手間がかかりますからね〜。
      (現状は等価ホール以外の稼働はバッサリ捨てています)

      あと僕の方針としては、「とにかく交通時間を削るために、ホテルから近い店だけで稼働する」というスタイルです。(その理由はコチラの記事を)
      ここで厄介なのは、いざ行ってみると「ホテル→店までの距離が想像以上に遠い!」なんて事もよくあります。
      そういう地域での稼働もバッサリ捨てています。

      なので僕の場合は、
      「1回移動してしまえば、条件の合う地域に巡り合えるまで稼働しない(ほうが良い)」
      という体質なわけであります。
      そういう事情もあって、8月の稼働はほぼ無しという感じでしたね〜。

      (ほぼ)稼働無しってのは極端すぎましたが、今後もマッタリとしたペースでやっていければ良いかな〜と考えております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です