コメント 2

アービトラージ(裁定取引)の特徴①=リスクが限りなく低い!【絶対的必勝術】




 

ども、くろっくです。

今回は、アービトラージ(取引所格差)について。

 

 

結論から申し上げると・・・

アービトラージの最大の利点は、リスクがほとんど無いことです。

トレード初心者であろうともリスクは極めて少ないです。テクニカル分析ができなくとも関係ありません。

 

アービトラージとは?
複数の取引所に生じる価格差を利用したトレードのこと。

取引所A….1BTC=1,000,000円
取引所B….1BTC=1,020,000円

上の場合は取引所Aで1枚購入し取引所Bで1枚空売りする。
そしてA→Bに1枚送金して両方清算すると、ノーリスクで「102万ー100万ー送金手数料」が利益になる
(ちなみに1回1回送金する必要はないし、そもそも送金の必要もない展開もある。)

 

 

同一銘柄を安い取引所で買って、高い取引所で売る。

これだけです。

買って売ってを確定させた時点で、差額がそのまま利益になります。(ここから送金手数料&取引手数料を引く)

 

基本的に両建てなので、仮想通貨のバブルが崩壊しようが何も関係ないわけです。

バブル崩壊リスクや相場急落リスクが無い。

つまり、リスクが極端に少ないということです。

 

 

スポンサードリンク



 

それでもリスクは存在するけどね

 

アービトラージは非常に安全性の高いトレードです。

しかし、リスクは完全にゼロというわけではありません。

ごく僅かではあるものの、危険性は潜んでいます。

 

あえてリスクを挙げるならば、以下の5点です。

アービトラージのリスク
①セルフGOX
②取引所破綻・ハッキング
③ロスカット
④送金詰まり・遅延
⑤Zaifだと注文が通らないことがある

 

①セルフGOX

最も現実性のあるリスクがこれでしょう。

そもそも「送金を行う」という行為の中には、アドレス打ち間違いなどのリスクも内包しています。

もし打ち間違えた場合は、戻ってこない可能性は高いです。
仮に戻ってくるにしても、問い合わせやら何やらで膨大な時間&労力が摩耗されることでしょう。

そして、本題のアービトラージでは送金を頻繁に行います。

何百回も送金をやるんですから、いずれ1回2回のミスが出てもおかしくはありません。
送金に慣れて油断していると逆に危ないでしょうし。

セルフGOXは現実的にありえるリスクです。どれだけ慣れていても送金は慎重にやりましょう。

 

②取引所破綻&ハッキング

もしもアビトラ稼働の最中に、コインチェックXEM騒動のような事態にブチ当たれば完全アウトになります。

まあコインチェックの場合はそのうち出金できるようになるっぽいんだけど、その日までは資産が幽閉される事になってしまいますからね。

あるいは、自分のアカウントが2段階認証を突破されて盗難されるなんて可能性もあります。

「取引所に資産を置いておく」という行為には、常にそういう危険性を孕んでいるって事のようです。

まあリスクといえばリスクなんだけど・・・こんなのを怖がっていたら何も出来ないですからね

この程度のリスクは呑みましょう。

 

③ロスカット


上ツイート画像は2/6の数時間のメンテナンス明けに起こったものです。

高値到達→空売り強制ロスカット→強制買い→高値到達→強制ロスカット・・・

このようにロスカループが続いて、一瞬だけ超高値になってしまうことがあります。

 

なので、自分が空売りポジションを持っている時は注意が必要です。

両建てで持っているは良いものの、売りのほうだけが高い場所で勝手に決済されて低く元に戻るという事態になりかねません。

特にzaifを使っている場合はロスカットに要注意です。zaifでは上のような事態は珍しくありませんので。

Zaifのロスカットについては、証拠金×30%以下になった時点で発動です。

例えば、7.77倍レートで1BTC=100万円で1枚空売りする。証拠金は12.987万円です。
この場合、1BTC=109.0909万に達したらロスカットになるかと思います。

あとZaifの残高は関係ないっぽくて、証拠金だけが重要です。

たとえ1億円の残高があろうとも、証拠金が12.987万円×30%を下回ったらロスカ発動になるっぽいです。

 

④送金詰まり&遅延

送金詰まりが発生してしまうと、稼働不能になってしまうでしょう。

ただし「=リスク」ではなくて機会損失になるというだけですね。

 

もし金銭的ダメージを受けるとすれば、ロスカットだけです。

アビトラでは残高ギリギリで空売りする状況もよくあります。
送金詰まりが出てしまうと「残高ギリギリの空売り状態」が1~2日継続することになってしまいます。

1~2日も時間があれば爆上げしてもおかしくないので、ロスカ状況は厳しくなるかと思います。

日本円を入金すれば体制を立て直せるんだが、朝~昼の間でないと振込はできないっぽい?ので。

 

あとは金銭的リスクは無いと思います。機会損失だけでしょうね。

そもそも、仮にロスカットに当たったとしても極端な金銭的ダメージは無いでしょうし。

 

⑤Zaifだと注文が通らないことがある

良くあるので気をつけてください。

例えば他の取引所のBTCが100万円で、Zaifだと101万円の時があるとします。

「よしZaifで空売りや!」と思っても、注文が通らないことも多いです。(あと、Zaif側の予算が足りなくて空売り受付が不能な時もある。)

そもそも「その数分前からZaifの注文が通らないがために本来は落ちるはずの値段が落ちてないだけ」という時もありますし。

まあ、単に不快だというだけで大したリスクではありませんけど。

 

スポンサードリンク



 

まとめ

 

ここまで数少ないリスクを述べてきました。

でもこれ一般的に考えれば、「この程度のリスクなんて無いも同然だ」と言っても過言じゃないかと存じます。

 

ノーリスク。

こういう事案ってのは、大して稼げないものが多いものです。

 

しかし、アービトラージの場合は違う。

僕はトレードの素人にも関わらず、開始2週間で80万近くを稼げました。(詳細はコチラの記事。)

 

でも稼げるのは今だけです。

「アビトラは食える!」と情報が出回るのも時間の問題だからです。

早ければ来月にも、競争率が激化して稼げなくなるでしょう。

 

逆に、もしかすると今のような状況がもう数か月続く可能性だってあります。

Twitterを見ていても、アビトラを語っている人は非常に少ないです。

 

1つ言えるのは・・・

アービトラージは期待値の塊なんだから、早めに乗り込んどいたほうが良いってこと。

ほぼノーリスクだし、チャートが見れない初心者でも大丈夫だし。

 

 

 

とりあえずアービトラージを始めるには・・・

Zaifbit flyer仮想通貨ならビットバンク

この3つの取引所は絶対に登録しときましょう。

 

↓↓Zaif登録は下バナーから↓↓
 

↓↓ビットフライヤー登録は下バナーから↓↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 

↓↓bitbank登録は下バナーから↓↓
 

 

あと、上3つは基本中の基本にすぎません。

他のマイナーな取引所と組み合わせることで、アビトラの期待値は稼げます。

 

最初は上手くいかないと思うけど、とりあえず期待値のあるポイントを探してください。

漁場を見つけたらあとは徹底的に食い漁る、という感じでしょうかね。

 

 

 

では、ここらへんで。

 



2 件のコメント

  • アビトラージはリスクが少ないわけではないですよ。
    fxのアビトラージだったらfxの取引口座を凍結される場合が結構あります。
    仮想通貨は送金に手数料取ってるからそこまで心配ないかもしれませんが、やり過ぎると取引所から嫌われて凍結される恐れはあります。

    • というか、GMOコインの場合は凍結されるリスクはありそうですね。
      以前に短期トレードの人達が凍結された事がありましたし。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です