スポンサードリンク




コメント 1

仮想通貨の大暴落についてパチスロ脳で考える。【本前兆とフェイク前兆】

 

ども、くろっくです。

仮想通貨が大暴落しましたね~。

1か月前には、最高値で230万円だったBTC。1/18朝時点では110万円です。

 

何か事あるごとに暴落暴落と言われてますが、今回のはホンマもんの大暴落です。

数日前まで億あった資産が、半減~ゼロになった人も多く出てきています。

 

 

 

ここで重要なのは、230→110→???。

ここから更に下がるのか?それとも戻るのか?という事。

 

言い換えるならば・・・

今回の大暴落は、バブル崩壊への本前兆なのか?もしくはフェイク前兆なのか?

ということです。

 

スポンサードリンク



 

今は「前兆あり時」

スロで当選するには最大32Gの前兆があります。

同じように、仮想通貨のバブル崩壊に関しても必ず何日間かの前兆があると思います。

いきなりプシュンなんて事はたぶんないわけで。

そういう意味じゃ、今はまさに前兆中ということになります。

ただし前兆というのは、本前兆とフェイク前兆の2種類があるわけです。

 

 

では今回の大暴落は、X-DAYへの本前兆なのか?フェイク前兆なのか?

 

 

どちらが可能性が高いか?

こう問われれば、「今回もフェイク前兆」でしょう。

仮想通貨は暴騰と暴落の繰り返しであって、「もう終わりかと思ったらフェイク前兆だった」という事は良くあります。
12月だけは上がって上がって上がり狂ってましたが、12月が異常だっただけです。

暴騰があれば暴落があって当然です。

 

しかし、どちらが期待値が高いか?(今エントリーしても期待値プラスか?)

こう問われれば、微妙なところです。

なぜなら本前兆だった場合のダメージが大きいからです。さらに可能性としても決して低くはない。

 

サイコロで例えるならば、本前兆の目よりもフェイク前兆の目のほうが大きいです。しかし・・・

・フェイク前兆の面積×期待枚数
・本前兆の面積×(マイナス)期待枚数

両者を比べると、期待値大プラスとまでは言えない。最悪プラマイゼロの可能性もあると思います。

 

買うのなら「前兆なし時」か?

もしも今現在に仮想通貨を始めようと思ってる人がいれば、相場が一段落してから買った方がよいかもしれません。

「前兆なし時」であれば期待値大プラスなのは間違いないからです。

 

強チェリーを引いた後というのは、当選への本前兆の可能性がありますよね。

逆に何も引いてない状態だと、少なくともその時点では「前兆なし」であって本前兆の可能性は無いわけであって。

強チェリーを引いた後の空き台と、普通の「前兆なし」の空き台とを比較すれば・・・当選率というのは天地に違います。

 

仮想通貨も同じです。

今の大暴落というのは、強チェまではいかずとも強スイカを引いてるような状態です。

この「前兆あり時」からエントリーするのと、平時の「前兆なし時」からエントリーするのとでは・・・

(バブル崩壊への)当選率というのも天地に違ってくるかと思います。

 

つまりは・・・

「前兆なし時」であれば期待値大プラスで確定するが、「前兆あり時」ならば大プラスではない可能性がある。

こう考えてます。

 

以前にkucoinやらALISやらの記事を書きましたが、あの時は「前兆なし時」だったからこそイケイケだったわけです。

しかし、今は「前兆あり時」ですからkucoinやALISどころではない!という感じ。

 

スポンサードリンク



 

まとめ

とはいえ、「今この瞬間は期待値プラマイゼロまである」というのは僕の考えにすぎません。

逆に、「大暴落時こそ買い時だ!(期待値大プラスだ!)」という人も、特に玄人の中には良くいます。

 

本当に期待値が高いのはどちらかは分からないですが・・・

大事なのは、自分のアタマで考えるってことですね~。

 

 

もしも、今から仮想通貨を始めたいという人にはZaifが最もオススメです。

 

↓↓Zaif登録は下ボタンから↓↓
 

ただし、Zaifだと登録→取引開始までが遅いです。

最も速く登録→取引開始が完了するのは、bit flyerです。

↓↓bit flyerの登録は下ボタンから↓↓
 

 

まあアフィリンクを貼ってみたものの、相場が一段落してからエントリーしたほうが思ってますよ。

 

では、ここらへんで。

 

スポンサードリンク








1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です