スポンサードリンク




コメント 0

タイ1か月&台湾0.5か月の「総出費」と滞在期間中の「アビトラ収益」を公開します

 

ども、くろっくです。

4月下旬から6月上旬にかけて海外に引きこもってました。

 

4/24~5/22=タイ滞在
(5/22~5/24=札幌)
5/24~6/7=台湾滞在

28泊29日をタイに、14泊15日を台湾に滞在しました。

 

今回の記事では・・・

・約1か月半の海外生活の総出費
・その間のアービトラージ収益

 

海外生活における支出と、滞在期間のアビトラ収入について書きます。

 

金額だけ先に書いちゃうと、

タイ滞在(4/24~5/22)

総出費…△416,436円
アビトラ収益…+1,063,377円

 

台湾滞在(5/24~6/7)

総出費…△223,839円
アビトラ収益…+178,993円

 

では、これより先はその詳細について書いていきます。

スポンサードリンク



1か月半の総支出

タイ滞在での総出費(4/24~5/22)
416,436円
.
宿泊費=146,496円(1泊平均5,051円)
航空券=53,591円(バンコクー新千歳往復=42,880円・バンコクーチェンマイ片道4,466円・チェンライーバンコク片道6,305円)
イモトのWiFi23,540円
その他=192,809円

台湾滞在での総出費(5/24~6/7)
223,839円
.
宿泊費=64,075円(1泊平均4,576円)
航空券=26,609円(新千歳→台北・台北→成田)
イモトのWiFi19,740円
スロの負け=37,125円
その他=71,990円

 

こんな感じです。

ちなみにタイの宿泊の1泊平均が5051円となっていますが、ホテル選びだけは金を惜しみなく使いました
普通に節約する人ならばもっと大幅に安くできます。

タイではホテルで豪勢に外こもりしてたかったので、僕の場合はどうしても快適な部屋を取る必要がありました。(タイで泊まった快適なホテルの記事はコチラ)

 

あと、1泊1万するホテルにも3泊して豪遊しちゃいましたし。

 

ツイートにも書きましたが、タイのような物価の安い国では「これ日本だったら何万するんだよ?」というサービスが格安の値段で買えます

タイというと物価の安さの情報ばかりが目立っています。
Twitterの海外生活クラスタなんかも「タイではこれだけ安く生活できます!」という人ばかりですし。

しかし、物価の安い国で金をケチるなんてのはマイナス行為の愚策だと思います。

海外旅行というと「安く済ませたヤツが偉い!」などというゴミみたいな風潮があります。
この人達は我慢大会でもやっているんでしょうか?単なるバカです。

物価の安い国ならば、徹底的に金をばら撒いて豪遊したほうがプラスだというものです。

 

あと台湾に関しては、ここ数年で物価が高騰した印象です。

台湾には2年前と5年前にも行ったので3回目なんだが、「あれ?こんなに物価高かったっけ?」と感じました。

宿泊費とか交通費なんかは日本よりも安く済むんだけど、それ以外の物価は日本とあまり変わらないですね。

台湾料理の食堂とかタピオカティーなどはべらぼうに安いです。しかしそれ以外の外食の値段は日本と変わらないですね。

 

スポンサードリンク



1か月半のアビトラ収入

タイ滞在期間のアビトラ収益(4/24~5/22)
+1,063,377円
(
1日平均=+36,668円)

台湾滞在での総出費(5/24~6/7)
+178,993円
(1日平均=+11,932円)

 

台湾滞在の期間は乖離がキツかったですが、総合的に見れば満足のいく収益を出すことができました。

行く前はちゃんと海外でもちゃんと取引できるのか不安でしたけど、何も問題ありませんね。

日本とほぼ変わりなしにアビトラ稼働ができます。(できないのは国内取引所の新規開設ぐらい)

イモトのWiFiなどを持って行けば、街を歩きながら普通にアビトラできますし。(現地でのSIMカード購入でも可)

 

ちなみに、タイでの平均日当が36,668円・台湾での平均日当が11,932円となってますが、これは国によって稼働しづらいとかではありません。

タイの4/24~5/22は仮想通貨市場が活気があったので、出来高や流動性が激しかったです。特にGW前後は。
出来高や流動性が激しいと乖離も出やすくなるので、アービトラージの収益も出しやすくなります。

逆に、台湾の5/24~6/7の間はお通夜状態で、出来高や流動性がショボかったです。
出来高や流動性がショボければ乖離も出づらいので、アービトラージの収益も出しづらくなります。

 

アビトラは海外旅行に最適の稼ぎ方

行く前から想像はしてたんだが案の定。

アービトラージと海外旅行との相性は非常に良いです。

 

スロ専業時代もたまに海外に行ってたんですが・・・
「海外にいればいるほどにスロ稼働が出来ない」みたいな稼働の機会損失というデメリットがありました。

これはスロ専業に限った話ではありません。

大半の職業の人は「海外に長く行きたいんだけど、その間は収入が無くなる!」という稼働の機会損失が出るでしょう。

しかしアービトラージの場合は、「日本でも海外でも変わらずにアビトラ稼働が出来る!」ので稼働の機会損失はゼロです。

 

 

ということは、逆に言うと・・・

アービトラージの稼働が板についてしまえば、海外旅行を楽しみながら同時にお金を稼ぐことが可能になります。

 

 

そもそもアービトラージって何よ?

ほぼノーリスクで素人でも稼げるトレード手法のことです。(ただし極端なまでに大きくは稼げない)

アービトラージとは?
複数の取引所に生じる価格差を利用したトレードのこと。

取引所A….1BTC=1,000,000円
取引所B….1BTC=1,020,000円

上の場合は取引所Aで1枚購入し取引所Bで1枚空売りする。
そしてA→Bに1枚送金して両方清算すると、ノーリスクで「102万ー100万ー送金手数料」が利益になる
(ちなみに1回1回送金する必要はないし、そもそも送金の必要もない展開もある。)

 

取引所格差を利用するので、当然ながら複数の取引所を登録しないと始まりません。

最もオススメなのは、bitbank

あとはZaifbit flyerにも登録しときましょう。

↓↓最もオススメはbitbank↓↓
 

上で挙げた3つの取引所は基本中の基本に過ぎません。

利益が大きく取れるのは、マイナーな取引所との組み合わせです。

最初は苦労するかもしれないが、乖離が発生しやすいマイナー取引所を何とか自力で見つけてください。

 

 

アービトラージについての詳細は以下の関連記事に書いてあります。

 

 

では、ここらへんで。

 

 

 

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です