コメント 1

新台循環が無いのだからスロの稼働量は落としたほうが良いという話




 

ども、くろっくです。

今回は、スロットの立ち回りについての質問が来たので当記事にて解答いたします。

 

ご質問
今まで4店舗をぐるぐる回って稼働していたのですが最近台が拾えなくなってきたので店を増やそうと悩んでいるのですがどこまで広げたらいいのかわからなくて迷っています。

ハイエナ専門で動いてる人は片道何kmぐらいまでのホールを使っているのでしょうか?
いきなりの質問すみません。

 

「非等価×再プレイ500枚」のハイエナ。立ち回りと期待値について徹底的にまとめました。【スロット5.5枚交換】のコメント欄より

 

良いですね~。こういうのは答え甲斐のある質問です。

 

まず「ハイエナ専門で動いてる人は片道何kmぐらいまでのホールを使っているのでしょうか?」との質問に関しては、僕は良く分かりません。

他ブログ様の稼働日記などを参考にしてもらうしかないです。

ちなみに僕の場合はハイエナを始めたのは5年以上前ですが、家から片道25分以上かかるホールは使おうと思ったことが無いですけどね
去年からビジネスホテル生活を始めて以降は、ベッドから徒歩5~10分の店でないと打っていません。

 

まあわざわざ記事に回答したのは、片道何km?の問いに答えたいからではありません。

僕がピックアップしたいのは、「最近台が拾えなくなってきたので店を増やそうと悩んでいるのですがどこまで広げたらいいのかわからなくて迷っています」の部分です。

 

その問いに対する回答は以下の通りです。

 

回答
もし開拓するのならば・・・

①サイトセブンの扱っていない過疎店のみを探す。
②家の近場(10分以内)のホールのみを再リサーチして期待値の獲りやすい時間&曜日を見極める。

上の2点で探すのが良いかと思います。

 

そもそもの最大の元凶は新台が出ないことです。
この新台状況が続く限りは、どの大型店&中型店も似たような環境でしょう。

たとえ今よりもマシな大型店を見つけたとしても、おそらく1日の交通時間が増えることになるかと思います。
もし1日往復で1時間増えるとするならば、「今よりマシ」程度ではちっとも割に合いません。むしろマイナス行為です。

 

ただし、①のお宝過疎店を見つけた場合は話が違います。
過疎店だけは新台どうこうは関係ないですから。

あと②の徒歩10分以内のホールが「実は土日は拾いやすい」と発見できれば、土日だけでも交通時間を大幅カットできます。
イコール、稼働に費やす時間を超短縮する事ができるので、稼働の生産性を上げることができます。

 

では仮に、良いホールが見つからなかった場合はどうするか?

 

何も見つからなければ、スロに費やす時間を落とせば良いだけの話です。
そもそも、新台が出ない時期というのは稼働の生産性が落ちるというものです。

生産性の落ちる周期に、わざわざ稼働に時間を費やす必要はないはずです。

もし仮に、「収支を維持するには仕事量を増やすしかない!」と考えているのならば、それだけは絶対にヤメたほうが良いです。
その発想は「仕事が間に合わないから残業で補おう!」という会社員と同じです。

 

回答は上のとおりです。

ここから先は補足説明をしていきます。

 

 

スポンサードリンク



新台が出ないなら稼働しないほうが良い3つの理由

 

5.9号機時代に突入し、天井が搭載されていない新台ばかりになっています。

新台の循環が無い周期での稼働は、(循環が速い周期に比べて)生産性が低くなります

 

なぜ生産性が低くなるのか?その理由は3つあります。

 

①新台無しでは知識差をつけられない

新台循環が無ければ他の人とのエナ知識差をつけづらくなります。

それゆえに期待値も積みづらくなります。

2016年なら、ボーナス間天井の北斗修羅バジ3が拾いまくれました。
2017年の新台は少なかったものの、剛衛門やら地獄少女などエナ機はありました。

一般客は新台への知識が弱いですから、高期待値の空き台滞在時間も長くなります。
ゆえにエナ新台があるのなら、絆&凱旋ハーデスが拾えずとも何とか凌げるわけです

 

では2018年はどうか?

そもそも新台に天井性能がありません。(緩和の話も出ましたが、天井付き新台が導入に至るには相当な時間がかかるでしょう)
ゆえに「知識格差のできる機種」が少なくなるので、期待値は絆&凱旋ハーデスに依存せざるを得ないかと思います

しかし問題は、一般客たちにも知識が浸透しすぎていて「とりあえず絆4スルーは即確保」「凱旋ハーデスも600~でGO!」という風潮になっていることです。

 

このように期待値を積む効率が悪い周期というのは、当然ながら時給も安くなります。

ならば・・・「じゃあ稼働量を削って他の事に時間を使えば良いじゃん!」「どうして時給が安い周期に仕事しに行くの?」という話です。

 

②新台を打つという「付加価値」もゼロ。

新台というのは、解析ブログや雑誌だけを見たところで自分の血肉にならないです。
いざ自分で打たない限りは、机上の薄~い知識しか持ち合わせが無いまま時間が過ぎることになります。

とりあえず自分で新台を打ってみる。
これだけで機種システムや演出知識が身につきます。
その期待値だけでなく台知識という付加価値もついてくるわけです。

打ってみて「実はこの台のここが食える!」という一次情報をゲットできる場合がありますし、偶然に得た情報1つがその後の莫大な期待値に繋がったなんてのも良くあるかと思います。

 

しかし今はそもそも天井性能のある新台が無いので、稼働の道中で得る付加価値がゼロである状態です。

こういう周期に、時間を稼働に割くのはもったいないです。

 

③浦島太郎化のリスクがほぼ無い

「新台を打つ」という行為の付加価値は、先行して台知識を得ることだけではありません。

乗り遅れを回避するという付加価値もあります。

新台知識が他の人より劣っていれば、その機種に関する立ち回りも他の人よりも劣ります。
そして「その機種を拾える確率」も劣ってくるので、どんどん悪循環になります。

なので、新台循環が速い時期に稼働からあまりに遠ざかると浦島太郎になります。復帰してから数日は苦労するでしょう。

 

今はどうか?
そもそも天井性能のある新台が無いです。

もし半年休んだとしても、その間に規制緩和がなければ機種ラインナップは今のままです。
どうせ今と同じように絆&凱旋ハーデスが店のメインでしょう。

何が言いたいかって、もし今から半年休んだとしても浦島太郎リスクは無いわけです

 

 

スポンサードリンク



稼働時間を減らそう

 

こういう状況下の中で、例年通りの時間をスロット稼働に費やすのはバカバカしいです。

ホール数を増やすのではなくて、むしろホール数は厳選して減らすほうが良いと思っています。

 

左上を目指す。
そして右下だけは絶対に回避する。

 

我々が目指すのは図左上です!

稼働するのは生産性が高い店舗・曜日・時間帯だけ。後はバッサリ捨てましょう。

例えば、家の近い店舗だけに絞る特定の過疎店に行くのは土日だけにする拾いやすい朝イチだけ稼働に行くとか。

スロット以外の収入源を得たくば、まずは交通時間を減らそう!

2017.12.22

 

 

そして、図右下の「長時間労働者」だけは回避しましょう。

どうしても金を作る必要があるならば仕方ないにしても、そうでないなら「低生産性×全投入」なんてやる必要がないはずです。

 

こういう愚かな事をしていると・・・スロ以外の期待値(仮想通貨など)を取りこぼします。

スロに時間を費やすということは、他のことに時間を費やすことを放棄するわけです。

だから、機会損失が発生します。

 

例えば、12/12のXPコインです。

これなんかスロを打ってなかったからこそ情報をキャッチできたわけです。
もしスロを打っていれば、間違いなく取りこぼしていました。

 

そして仮想通貨に限らず、別ジャンルでの激アツ情報というのもこの先どんどん出てくる可能性は高いです。

こういう時代に「低時給×全投入」なんてことをやっていると、知らないうちに莫大な期待値を取りこぼすことになるでしょう。

 

全投入の長時間労働者
・新台循環が激しい(=高生産性)
「スロ稼働で得るプラス期待値」>>>「スロに時間を費やすことで取りこぼすマイナス期待値」

 

・新台循環がゼロ(=低生産性)
「スロ稼働で得るプラス期待値」<<<「スロに時間を費やすことで取りこぼすマイナス期待値」

 

そもそも、スロ稼働に行く目的は期待値を積むことのはずです。

しかし、スロに時間を費やすことによって期待値の大きな取りこぼし(=機会損失)が発生するわけです。

これでは、そもそも何のために稼働なんてやってるんだ?という事になりますからね~。

 

 

まとめると・・・

今までどおりの「高時給」ならば「全投入」でも余裕で割に合います。

しかし今のような「低時給」ならば、「全投入」はマイナス行為です。

ホールを探しても改善の見込みが無いのなら、まず稼働時間を「メリハリ」に落として「高時給」を意識するほうが良いでしょう。

 

 

では、ここらへんで。



1 個のコメント

  • わざわざ記事にしてのご回答ありがとうございます。
    ぜひ私自身も頑張って左上を目指そうと思います。
    いつもブログ見させてもらっているのでこれからも頑張ってください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です