スポンサードリンク




コメント 12

VALUの存在意義は「優待」だけ。それ以外には出資する理由が無い。

 

ども、くろっくです。

先日の記事では、VALUで35~50万負けた!って話をしました。

まあ大損失の理由は、VALUどうこうは関係ないんだけどね。

単に僕がド素人だったってのが大きい。

 

ただ素人どうこう関係なしに、VALUの問題点ってのを肌で実感しました。

「今のままでは、少なくとも出資サイドが賑わうことは無い」と確信した所存です

 

どういうことかって・・・

出資する目的が無いんですよね

 

スポンサードリンク



出資する目的がどこにも無い

 

VALUは株と同様にたとえられます。
あるいは、VALU=クラウドファンディングだとも言われています。

しかし、株やクラウドファンディングにはあってVALUには無いものがある。

それは、出資する目的です。

株の場合

A「ワイに出資すりゃ儲けさせるよ!」
B「そんなら出資するよ!」

株は、出資する目的として”経済的な見返り”ってのがあります。

 

しかし、VALUはそういうシステムではない。

そもそも出資者のために何かしないといけないってのは一切ない。

優待」さえ遵守していれば万事OK。
(ここは後述します)

 

これでは何のために出資するのかが分からない。

出資する目的がどこにもない。

 

クラウドファンディングの場合

A「○○がやりたいから出資して!」
B「それなら出資するよ!」

目的は○○であって、A個人ではないわけです。
○○の実現を見たい。だから寄付(もしくは投資)する。

もちろんA個人に対しての信頼あってのことだが、無条件に金を渡すってわけではないです

クラウドファンディングならば、まずAという個人があって、次に○○したいっていう動機がある。

そのAの動機は、そのままBの「出資する目的」になります。

 

一方のVALUは、無条件で金を渡すシステムになってます。

○○を行うとか××がやりたいとか、そういうのは一切ない。(優待はあるが)
単にAが「金くれ」っていうシステムです。

 

なぜ無条件で出資しないといけないのか?

 

クラウドファンディングは、A個人があって、次に○○したいというAの動機がある。
そして、Aの動機=Bの出資する目的になる。

しかしVALUは、A個人で完結しています。
なので、Bからすれば出資する目的が無いわけです。

ただの「金くれ」では、なぜ?となります。
たとえAをどれだけ信頼していようとも。

 

ちなみにクラウドファンディングの場合は、
Aさんが○○する行為を怠ると・・・場合によっては詐欺罪になります。

しかしVALUは、怠るも詐欺もクソもない。
最初から無条件で金を渡してるんですから。

 

まあ、無条件で金を渡す理由ってのがどこにも無いです。

優待を除いて。

逆に言うと、優待さえ充実していれば出資する理由が出来上がります。

 

歪(いびつ)なゲームバランス

 

VALUってのは、とにかく上場側だけに有利にできています。

これは今さら僕がどうこう言うのではなく、他ブログ様の記事を見ていただくのが早い。

 

 

上の記事ではVALUのリスクを7つ書かれています。

特にヤバイのが以下の4点。

①売れない危険性がある
③買い手への責任はどうなるのか
④さらっと危ない一文が
⑤「相場操縦」が行われる危険が

(②⑥⑦は割愛)

要約すると・・・

①…買い手不在になれば、時価など関係なしにVAは事実上の石ころになる。

③…「優待」という約束さえ果たしていればそれでOK。VAで出資してもらった金をパチンコに使おうがソープに使おうが何一つ問題ない。

④…これは上場主がVALUを退会した場合、VAは石ころになる。現時点では、上場主はいつ退会しようと問題ない規則。つまり、運営側が「いつでも出資金持ってトンズラして良いよ」と黙認している状態

⑤…現に今なお相場操縦は行われています。一部の上場主は意図的にVA価格を吊り下げています。

 

とにかく上場主はノーリスク&ウルトラハイリターン

一方の出資側はハイリスク&ローリターン

こんな仕組みになってるわけですね。

 

他にも参考記事として、

【やばい】VALUというサービスがやばいんです

参照元……29歳コンサルタント女子が異世界から思うこと

 

上の他ブログ様の記事を見ていただくと良いでしょう。

VALUの負の側面について、分かりやすく書かれています。

 

 

とにかくVALUってのは、出資側には徹頭徹尾で冷たい。

なので、ここでも出資する理由が無くなってしまいます。

 

出資する目的が無いから買い手もつかない

冒頭で「少なくとも出資サイドが賑わうことは無い」と確信したと書きました。

 

(今のままでは)出資する理由がどこにも無い。

出資する理由が無いってことは、買い手がつかない。

だから出資サイドが賑わうことは無い。

 

こう確信しました。

 

少なくとも、僕は投機目的(あるいは転売目的)でVAを購入してました。

しかし、誰も出資しないとなると買い手不在になります。
そうなると、もはや投機不能であります。

僕の「投機したいから買う」という目的もここでまた消滅しました。

 

なんだが、大量買いした後にこの事実に気づきました。

とんでもないミスです。

仕方ないので、半分近く安く売って損切り。(何やってんだオレは)

まあ、他ブログ様で書かれてたリスクは百も承知で飛び込んだんだが、本当に出資のメリットが1つもないんだな、これが。

これだけ騒がれてるんだから、何かしらの美味しい話はあると思ってたんだが。


スポンサードリンク




VALUの未来は”優待”で決まる

 

出資する理由がどこにもない。

今のままでは、誰も出資なんてしないでしょう。

 

ただし、1つだけ希望の光があります。

それは、優待です。

 

前述したように、優待さえ充実しているならば出資する目的が出来上がります。

そして出資する目的が与えられるなら、VALUの買い手も増えます。

買い手が増えれば、VALU全体が活性化するかと思います。

 

もはやVALUの未来は優待だけにかかってると言っても良いでしょう。

 

イケハヤ先生のVAを購入したよ!

6/8になって、時価総額の高い上場主たちも優待をつけ始めています。

とりわけ多いのが、ブログのアドバイス・コンサルタント

確かに。これなら買う理由はできる。

 

そして時価1位のイケダハヤト氏。

「ブログのアドバイス」という優待が加えられていました。

なので、僕もイケハヤ先生のVAを購入!(0.3BTC)

 

経済的には損をするのかもしれないが、ブログのネタにもなるし。

 

あと、ちょうどブログ方針も悩んでるんですよね。

パチスロ第9地区(特化ブログ)と逆張りキックアス(雑記ブログ)を分けることにも悩んでました。

特化と雑記とを分けるべきか?
あるいは1つのブログだけに熱を注ぐべきか?

VALUついでに先生のアドバイスもうかがいたいですね~。

 

まあ、優待次第によっては今後は活性化するかと思います。


スポンサードリンク




まとめ

 

いろいろ述べてきましたが、あくまで出資側にはメリットが無いってだけです。

上場側からすれば、ここまで美味しい話は無いはず。

顔出ししてる人なんかは絶対に上場しといたほうが良いです。

 

賛否両論あるようですが、上場主たちが潤うこと自体は素晴らしいです。

積極的に顔出ししてる人が「顔出し恩恵」を受けれるってのも良いことです。

こういうサービスはもっと活性化されたほうが良いと思う。

 

ただし個人的には、出資者を冷遇しすぎている今の運営側の姿勢には憤りを感じますね~。

 

最大のガンは運営側

 

 

これとかさ。

今日か昨日から「投機目的の取引でないことに同意する」ってのが加えられました。

ナメてんのかな?って思います。

 

出資側をけん制する以前にさ・・・

上場側をけん制するのが先だろ!と。

 

まずは、上場主が退会した場合にどうするのか。ここをハッキリさせてからだろ。

順番が違うんだよ!アホンダラ!

 

そもそも投機目的はダメと出資側に強要してるが、上場側のやってることは投機どころか吸血じゃねーか!

 

上場側が潤うシステムを作るのは素晴らしい。
顔出ししてる人が陽の光にあたるのも良いことです。

ただし、出資側を吸血することで潤うってシステムで成り立つわけだからね。

この歪なシステムを作ったのは運営側です。

 

な~んか選民主義的というか、見下されてるというか。

運営側の態度ってのは傲慢さを感じますね~。

 

 

 

あと最後に、ビットコインの買い方についても触れておきます。

僕はビットフライヤーから買いました。

 

もしビットフライヤーから購入する場合は、必ず「取引所」で買ってください。

上はアプリ画面なんだが、「ビットコイン」から買うととんでもない大損をします。

「取引所」のほうが圧倒的に安いので、必ずこっちで買ってください。

 

では、ここらへんで。

 

↓↓ビットコインの購入はこちらから↓↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサードリンク








12 件のコメント

  • ペニーオークションを思い出しました。
    これ絶対そのうち逮捕者出ますねw
    運営停止による紙屑化は現実的に見ておくべきかと。
    ただその場合お金の流れを考えると道理的には登録者が返金などに応じるべきでは?もしくはそういった訴訟が起こされるのでは?
    と思うのですが法的にはどうなってるのでしょうね。

    • 現状では法的に罰せられるってのは無いと思います。

      というのも、まずビットコインってのは法律の適用外みたいです。

      あと、「出資者が勝手に寄付している」という構図ですから詐欺も何もないかと思います。

      クラウドファンディングなら「○○するならば寄付する」って体ですから、持ち逃げは詐欺罪にあたるはずです。

      しかし、VALUは「無条件での寄付」ですから持ち逃げしようと罪に問われないかと。
      ただ、優待が履行されない!という場合のみは詐欺にあたるかもしれませんが。

      ただし今の状態が継続したらの話ですけどね。
      さすがにルール変更みたいのはあると思いますが・・・

  • しかしこれ、ビットコインでやる必要あったんですかね。なまじ仮想通貨を媒体にしているからか、運営側の手数料に目が行きにくいというか、何というか。

    • これ、現金でやると法律上アウトのようですね。
      ただし、ビットコインならば法律は適用されません。
      なので、こうでないとVALUは成立しないようです。

      あと、

      他人発行のVAを売買….1%
      自分発行のVAを購入….1%
      自分発行のVAを売却….10%

      上が手数料になります。

  • 日本国内ではビットコインを皮切りに、仮想通貨をすべて貨幣として定義すると閣議決定されたのが記憶に新しいですが、

    このケースだとインフルエンサーも知らない内に法を犯してしまう(しまっている)可能性もなくはないですよね。

    そもそもくろっくさんの記事を読む限り運営側は胡散臭いといいますか…詳しく知らないので適当なことは言えないですが、

    上場主をダシに使って弱者から摂取してる感が凄いw

    新型のネットワークビジネスもこの手のタイプになっていきそうな予感がしますねー

    • >>仮想通貨をすべて貨幣として定義すると閣議決定されたのが記憶に新しいですが、

      そうなんですか!
      もしかすると、来年あたりには法律なんかも変わるかもですね。

      >>そもそもくろっくさんの記事を読む限り運営側は胡散臭いといいますか…

      個人的には、運営側の「がんばる人が、成功しやすくなる社会」って志は本物だと思います。

      ただなんというか、選民思想がド天然なのが腹立つんですよね。

      「非・がんばる人」なんてどれだけぞんざいに扱っても構わない、
      という尊大かつ傲慢な印象を受けます。

      まあサービス自体は面白いですからね。
      投資とか投機とかでなく「娯楽」としてお金を使うのはアリかと思います。

  • 情弱の私には勉強になる記事(前回含む)でした。
    あっという間に35万~50万負ける気分を味わったことがないですが、私ならば発狂しそうだと思いました。
    それにしても、クロックさんの「しかし、こういう状況が100回あったとしたら100回すべて投機するべきだと思います。結果としては、大損害となりました。でもVALUで売買したことは後悔していません。」という考え方は強いな~と思い、同時に大きく勝てる人間側なのかな?とも思いましたね。

    自分ならば絶対に後悔するだけで、その失敗を次回に活かせないまま挫折して去っていくでしょうから。

    • そもそも僕なんて「大きく勝てる側の人間」とは程遠い人間なんですけどねw

      あと、失敗してもブログのネタに出来ますからね。
      これがある意味で保険になってるかも。

      ただ、記事にするのは屈辱的で不快でしたが。

  • いい!実にいい!
    クロックさんは人間臭くて実にいい!
    他に色々、例えば株やFXも手を出してこのブログで経過報告するのも面白いと思います。
    スロット打ってる読者の大多数はやるやらないは別にしても株やFXに興味はあるハズですからね。

    • >> 他に色々、例えば株やFXも手を出してこのブログで経過報告するのも面白いと思います

      株&FXは考えてないんですが、競馬で1日で50万くらい使うってのはアリですね。

      新潟福島小倉やら寄った際は、競馬場にも寄って養分稼働ってのは考えてます。

      やっぱ「いくら稼ぎました!」みたいな自慢記事はウケが悪く、
      「いくら負けました!」みたいな養分記事はウケが良いですからね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です