コメント 0

ハーデスの「天井前ヘルゾーン×故意ペナルティ回避」の期待値を計算しました!【1400ペナ=+1070円・1500ペナ=+2400円】




 

ども、くろっくです。

今回は、ハーデスの天井前ヘルゾーンのペナルティ回避の期待値を計算しました。

 

天井前でヘルゾーンに突入した場合は、当選しないほうが得になります。

なので「わざと押し順ミスをして当選回避する」という打ち方が有効になります。

 

では、何Gからヘルゾーンのペナ回避をすれば良いのか?

計算してみました!

とりあえずは数字からご覧ください。

 

 

表① (ヘルゾーンのループ考慮)

ペナルティ
する
ペナルティ
しない
普通の
期待値
1250 +12,428 +12,786 +13,252
1300 +14,095 +14,016 +15,045
1350 +15,923 +15,398  +16,993
1400 +18,053 +16,983  +19,165
1450 +20,356 +18,620  +21,577
1500 +22,912 +20,497  +24,249

 

表② (ヘルゾーンのループ非考慮)

ペナルティ
する
ペナルティ
しない
普通の
期待値
1250 +12,812 +12,903 +13,252
1300 +14,542 +14,251 +15,045
1350 +16,426 +15,776  +16,993
1400 +18,530 +17,402  +19,165
1450 +20,862 +19,236  +21,577
1500 +23,424 +21,269  +24,249

 

発生する格差(≒ペナ回避の期待値)

表①ver
ループ考慮
表②ver
ループ非考慮
1250G △358 △91
1300G +79 +291
1350G +525 +650
1400G +1,070 +1,128
1450G +1,736 +1,626
1500G +2,415 +2,155

.
「発生する格差≒期待値」という解釈については注意点があります。まとめて後述します。

 

 

「そのGでヘルゾーン突入」という条件です

.
まずはシミュ条件について説明します。

表の見方としては、例えば1400ならば「1400時点でヘルゾーンに突入→ペナするorしない」ということです。

「1400から打ってもしヘルゾーンに入ったらペナルティする」という前提ではありません。
「1400でヘルゾーン突入→1401Gがヘルゾーン1G目」という前提です。

 

他のシミュ条件としては、

・「ペナする」のヘルゾーン当選率は3.5%(初回1G目のみ)
・1つのヘルゾーンをペナ回避するマイナス期待値=△424円と仮定(わりと厳しめに見ました)
・「ペナする」にてヘルゾーンを消化後ペナしないものと仮定。
つまり1300Gでヘルゾーンをペナ回避して、その後1500Gでヘルゾーンに入ってもペナしないものと仮定しています。
打ち方として矛盾するんだが、こうしないと計算が難解すぎることになるので。
・表①のヘルジーン考慮の詳細は、「ヘルゾーン終了した20G後に、33%の確率でヘルゾーンに1回突入する」という条件。
・「ペナする」ならば2度のヘルゾーンをペナ回避する
・ヘルゾーンのループは33%で1回のみ。それ以上は非考慮。

.
1度ヘルゾーンに入れば再度ヘルゾーンに突入する確率が上がります。

なので、ループ性も考慮したほうが良いと考えてシミュレートしました。

 

発生する格差 ≒ ペナ回避の期待値

.
もしかすると解釈が間違ってるかもしれないが、

「ペナする期待値」ー「ペナしない期待値」≒「ペナ回避の期待値」

という考えで良いと思います。

 

例えば1400の表②なら、

1400ヘルでペナする=+18,053円
ペナしない=+16,983円

1,070円の格差がついている。

なので「1400ヘルをペナ回避する期待値=+1,070円」という事でOKかと。

 

表①ver
ループ考慮
表②ver
ループ非考慮
1250G △358 △91
1300G +79 +291
1350G +575 +650
1400G +1,070 +1,128
1450G +1,736 +1,626
1500G +2,415 +2,155
ループを考慮するほうが現実的なので、表①のほうを採用します。

 

期待値発生の解釈がややこしいので注意

.
格差≒期待値。

とはいっても、「ペナ1回で期待値が発生する」という事ではありません。

「その台をペナ回避し続け始める選択をとれば期待値が発生する」という解釈で良いかと思います。

 

例えば、「1450でペナ回避→1475ペナ回避→1500ペナ回避」という流れになるとします。

ペナ回避を3回行っているものの、「1736円+約2000円+2415円=6151円の期待値上乗せだ!」ということでは決してありません。

ペナ回避し続けるという選択を初めてとったのは1450G時点です。
なので、「期待値上乗せは+1736円のみ」という事になると思います。

 

同じように、「1350Gでペナ回避→1550Gでもペナ回避」という場合。

1550Gでペナ回避する事そのものには、たぶん3000円ぐらいの価値があります。

しかし1350Gでペナ回避し続ける選択をとってるので、「期待値上乗せは+575円のみ」という事になると思います。

ただし1550Gにて初めてペナ回避の選択をとる流れならば。「期待値上乗せは+3000円ぐらい」という解釈で良いでしょう。

シミュレート条件は「ペナする」にてヘルゾーンを消化後ペナしないものと仮定しています。
つまり1300Gでヘルゾーンをペナ回避して、その後1500Gでヘルゾーンに入ってもペナしないものと仮定しています。

これならば、1350ペナ回避→1550ペナ回避にて+575円と+3000円の2度上乗せが出るのでは?という考えもあると思います。

それはそうかもしれないが、「期待値が発生するのはペナ回避し続ける選択をとった瞬間のみ」と考えておくほうが無難なのは間違いないです。

 

スポンサードリンク



まとめ

.
僕の今までの立ち回りは、ペナ回避をするのは1470Gからでした。

しかしこうやって計算してみると、思ったよりと浅いところからイケますね。

とりあえず今後は、1420Gからペナ回避をすることにします。

天井まで150Gとキリが良いので。

 

読者さんへの推奨ラインは1450G~ですね。

まあ1400~でも+1070円が見込めるんだけど、僕の計算が間違ってるリスクがあるので1450~が無難かと思います。

 

あと1450Gでペナ回避をし始めた時点で、「1450ペナ回避→1550ペナ回避」の流れになっても上乗せは+1736円の1回のみなので注意してください。

 

では、ここらへんで。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です