コメント 0

盗忍!剛衛門を再考察~盗目回数なんて無視すべき!注目すべきはハマリG数だけ!~

スポンサードリンク








 

ども、くろっくです。

今回も盗忍!剛衛門についてです。

 

この機種の狙い目って・・・

①盗目数
②ハマリG数
③鬼賽数

この3つのバランスをどう解釈するか?というのが期待値の肝でしょう。

 

 

結論から言うと・・・

盗目はガン無視してOK!

重要視すべきはハマリG数だけ!

 

 

というか、むしろ盗目は引いてないほうが期待値が獲れると思います。

つまり「800ハマリ60盗目」よりも「800ハマリ20盗目」のほうが期待値は高いはずです。

 

 

あと、拾った時点での鬼賽数も軽視して良いと思います。

ただし、鬼賽15以上ならばアツいです。

 

前回記事では「00ハマリ17盗=400ハマリ31盗」という結論を出しましたが、訂正します。

600ハマリ17盗ならば期待値はそれなりに高いはずです。

しかし400ハマリ31盗に期待値なんて殆ど無いと思います
拾った時点で鬼賽15とかなら話は違いますが。

 

何言ってんだ!
天井が近くなるんだから盗目が多いほうが良いに決まってるだろ!

こう思うかもしれない。

 

 

しかし、以下の2つを比べていただきたい。

①1400G・99盗目
②1400G・50盗目

 

上2つはどちらが期待値プラスでしょうか?

間違いなく、②の1400G・50盗目のほうが期待値は高いはずです。

 

 

もう少し詳しく書いていきます。

 

スポンサードリンク



 

ハマリG数と盗目について

 

①1400G・99盗目
②1400G・50盗目

 

①と②では期待値が高いのはどちらか?

 

①は残り盗目は1個です。
なので平均10~30枚くらい?で当たります。

一見すると、盗目が貯まってるほうが良いと思うかもしれない。

 

しかし考えて欲しいのが、平均獲得枚数です。

 

①では1500に届かずして当選してしまう。
これでは平均獲得枚数はさほど多くはないはずです。

剛衛門の本当の天井恩恵というのは1500以降の更にその先にあるのです。

 

1500Gの先が激アツ

 

ハマリG 鬼賽獲得数
1個 3個 5個 10個 20個
1000G 75.0% 12.5% 12.5% 無し 無し
1100G 75.0% 12.5% 12.5% 無し 無し
1200G 50.0% 25.0% 25.0% 無し 無し
1300G 49.2% 25.0% 25.0% 0.4% 0.4%
1400G 48.4% 25.0% 25.0% 0.8% 0.8%
1500G
以降
17.2% 25.0% 25.0% 3.9% 3.9%

 

1500以降、100Gごとに訪れる鬼賽の大盤振舞。

ここを何回通過できるか?

剛衛門の出玉というのはここにあるはずです。

 

①の1400G・99盗目では1500にすら到達しません。

しかし②の1400G・50盗目ならば、非常に深い所まで期待できる。

 

②ならば、自力当選か規定盗目に達しない限りは100Gごとの鬼賽大盤振舞を享受できます。

それによって平均獲得枚数も大幅に上がるはずです。たとえ投資の身銭を切ろうとも。

 

平均投資と平均回収

1400G・99盗目 1400G・50盗目
平均投資 約10枚 約417枚
平均回収 〇〇枚 △△枚

 

ここでは、平均投資額の差枚が407枚と仮定しましょう。

つまり、平均回収額で407枚以上の差がついてしまえば50盗目のほうに軍配が上がります。

 

解釈は分かれるでしょうが、平均回収額には407枚以上の差はあると思います

1500以前の当選と1500~2500での当選というのは、平均獲得枚数も相当に変わってくるはずです。

 


 

鬼賽1つの価値について

 

そもそも、何故ここまで1500~2500の平均獲得枚数が高くなるのか?

 

鬼賽をたくさん貰えるから、というよりは・・・

大量の鬼賽がある状態でさらにガンガン貰えるから、という言い方のほうが良いかもしれません。

 

というのも、鬼賽1つの価値というのは、保有すればするほどに鬼賽1つ価値も上がっていくわけです

 

特化ゾーン鬼粋のシステム

特化ゾーンの鬼粋では、鬼賽数に応じて上乗せ抽選を受けれるわけですが・・・

ここで肝心なのは、上限解放というのがあります。

上限解放に当選すればするほどに鬼粋1Gでの上乗せG数の最大値が増えます。

 

つまり、大量保有していればしているほどに上限解放当選後の特化ゾーンを回せる機会が増える、ということ。

 

最初の1GあたりのMAX上乗せは22Gです。
それが、上限解放に1度当選すればMAXは33Gに、2度当選すれば44Gに・・・

こんな感じです。
上乗せのMAXというのは、特化ゾーンが続けば続くほどに上がっていくみたいな。

 

なので、鬼賽50~80ならば何段階もの上限解放が期待できるうえに、上乗せMAX値が爆発的に上がった特化ゾーンを回せる機会も多い。

逆に言うと、鬼賽10~20で特化ゾーンに突入しても上限解放後の特化ゾーンを回せる機会は少ないわけです。

 

だからこそ鬼賽1つの価値というのは、保有すればするほどに鬼賽1つ価値も上がっていくわけです

 

盗目数は少ないほうが良い

1400G・99盗目 1400G・50盗目
平均投資 約10枚 約417枚
平均回収 〇〇枚 △△枚

 

話を「平均回収は407枚以上の差があるか?」に戻します。

 

99盗と50盗とでは、当選時の平均鬼賽数が全く違います。

そして鬼賽が多ければ多いほどに鬼賽1つの価値も上がっていく。

 

ゆえに結論として・・・

1400G・50盗目の平均回収額は1400G・99盗目の平均回収額を407枚以上を凌駕する

よって、むしろ盗目数は少ないほうが良い。

 

こんな考えです。

 


まとめ

 

1400Gでの99盗目と50盗目の比較というのは極端な例でしたが、600Gや800Gあたりもその延長で考えれるはずです。

 

600G・50盗よりも、600G・20盗のほうが期待値は高いと思います。

 

 

あと最後に、拾った時点での鬼賽数なんですが・・・

あまり気にしないで良いかと思います。

例えば鬼賽8個と10個とでは2個の差があります。
万が一に2000超えをした場合は2個の差は価値として大きいんですが、大半は~1000とか~1500で当たりますからね~。

それほど保有していない状態で当選する場合が多いために、鬼賽2個の差の価値もさほど開かないはずです。

 

しかし、コインを入れて鬼賽15とか20とかあったなら話は別ですよ。

こうなると相当にアツいんじゃないでしょうか。

 

 

まあ優先順位としては、

ハマリG数>>>>>鬼賽数。

そして盗目数は無視。てか少ないほうが良い!

 

 

では、ここらへんで。

 

 

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です