コメント 4

鉄拳3rd徹底おさらい①・300キング判別を「行う」のは意味無いよ!

スポンサードリンク








jhghgh

 

今回は鉄拳の徹底おさらいです。

鉄拳のおさらいに関しては、300キング判別と200オート判別だけで良いですね。

今回は300キング判別です。

 

このタイトルなんですが、

もちろんキング判別自体の意味は大きいですよ。
530G当選が25%or75%になっちゃいますから。

しかし、キング判別を「(自分で)行う」という事には殆ど意味がありません。

まあ意味が無いというよりかは、
「オール全ツ」でも「330キング前兆抜けだけヤメ」でも時給は殆ど変わらないよ、ということです。

 

どういう事かを説明していきます。

 

スポンサードリンク



判別ヤメとオール全ツの期待値&時給を比較

 

今更こんな機種を計算するのも面倒なので、2年前に僕が計算した数字を載せます。

 

330~の期待値

・キング前兆有り(最深部神鉄拳0%)
+1018~1275円・平均41分

・キング前兆有り(最深部神鉄拳3.82%)
+1385~1640円・平均41分

・キング前兆無し(最深部神鉄拳0%)
+2974~2994円・平均31分

・キング前兆無し(最深部神鉄拳3.82%)
+2988~3018円・平均31分

 

確かシミュ条件は、キング前兆有り530ヒット率25%・無し75%。
300での前兆発生割合「ガセ前兆発生:無し=1:1」だったと思います。

かなり辛めに計算したと思うので、実際はもうちょい上がると思います。

まあ2年前のものですから計算も相当に杜撰だと思いますよ。

 

しかしですね、実際こんなもんでしょ。

 

ところで前兆無しだと、3000円の31分。ってことは時給6000円近く。
パッと見だと素晴らしい賜物です。

 

違います!別に賜物でも何でもないですから!

 

結局270くらいから打つわけですよね。
(ここでは270スタートと仮定します)

だから、270~330の消化時間とマイナス期待値を投資するということです。
そして、この投資を2.43回行う事で初めて3000円(31分)がゲットできる、という事です!

270~330のゾーンは平均時間6.1分。(ヒット→ATも当然含む)
ゾーン期待値はやや甘めに見て△200円前後。

なので3000円(31分)を1台獲得するために、
「6.1分×2.43回」の時間と「△200円×2.43回」のマイナス期待値を投資する、ということ。

(「△200円」は270~330のゾーン期待値。2年前に算出したので記憶が曖昧ですが、甘めに出した記憶があります)

こうなると2514円(45.8分)。
「330前兆有りヤメ」の時給は、3298円です。

ちなみに270オール全ツの時給は2700~2880円

なので「オール全ツ」も「判別ヤメ」も時給はほとんど変わらないのです。

270~でこれですから、260より前からだと「オール全ツ」のほうが優勢になるんじゃないの?

 

まあ今上に挙げた「2.43回」とか「6.1分」というのも、2年前に計算したものです。
いろいろと計算ミスもあると思います。計算文法やシミュ条件にも間違いはあるかもしれません。
(そもそもどういう計算のやり方だったか記憶も曖昧だし)

 

それでも立ち回りの目安にはなるんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク



キング判別が意味を成すパターン

 

まあキング判別が役に立つ状況というのは、

①他人の台におけるキング前兆の確認(自分の流血は皆無ですから)

②330前兆有りで停止し、徘徊できる。

 

この2パターンくらいだと思いますね。

 

①に関しては「キング前兆無し」を拾える状況はゼロでしょう。

能動的にキング選択しておいて前兆無しヤメする、なんて人はどこにもいないですからね。

ですから「キング前兆有りの看破」と「キング選択してたか否かの看破」が有効。
(まあ看破といっても自分の目で台を見てないとどうにもならないですが)

特に後者。キング判別してるか見る。これはかなり有効でしょうね。

仁orシャオステで300前兆してて空き台になってる場合。
この台は330スタートの平均値に近い期待値になると思います。
(まあオートとかでも前兆ありで下がりそうな気もするけど)

あるいは、330の空き台で仁orシャオステになってる場合。
この場合は前任者がキング判別してない可能性が上がります。

もちろん「キング前兆→故意にオート選択→ヤメ」という人もいるんでしょうけど、
そこを加味してもキング判別はされてない可能性はトータルでは高いです。

逆に言うと、キングステでの330~空き台はキング判別されてた可能性が高くなります。

 

②に関しては、他機種に期待値台がある時が有効でしょうね。

ただ、この②が有効になる状況というのは少ない気がしますけどね。

そもそも270→330は4分。
たった4分で店の状況が一変するという展開は少ないですし。

まあ僅か4分でも多少変わるっちゃ変わるんだけど、う~ん。

いずれにせよ、特に大きなメリットというのは②には無いと思います。

 

まとめ

 

ですから、270くらいから打ってキング前兆が出たらヤメ、という人も多いと思うけど、

これは立ち回りとして矛盾しています。

 

キング前兆が出ても続行するか、270をそもそも打たないか。
いずれかでないと不自然ですよ。

利点といえば、時間を小刻みにできる事くらい。(330停止→徘徊)

こういう意図があるんなら別に良いんだけど、たぶん違いますよね。

時間効率が良いと信じ切って330ヤメしてるのではないでしょうか。

 

もし「キング判別→330ヤメは時間効率が良い」と考えているならば完全な誤りです。

ましてや260より前から打ってるのなら、「オール全ツ」よりも時給は劣る可能性もあります。

そういう人は微修正したほうが良いと思います。

打つ台が無い状況ならばキング前兆有りでも全ツする。
もしくは、ボーダーの高い人は270より前は打たない。

こんな感じで立ち回りを変えるのをオススメします。

 

 

次回は200ゾーンのオート判別についてです。

 

 

↓↓ ランキング参加中!応援クリックお願いします! ↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク








4 件のコメント

  • こんばんは!ゴエモンです。
    面白そうなブログが出来上がってるじゃないですか!!

    こういうブログはすごく好きです。

    結構数字は得意なので、いろいろツッコミたいところはあるのですが、計算方法が曖昧だということで、そこにはつっこまないでおきます。

    この計算結果が全て合っているとして、コメントさせていただきます。

    270から打った場合、①全ツッパと②キング判別やめの時給は②の方が高い。

    こうした場合、260から打ったら時給が逆転するという事象は起こりえません。

    なぜなら260〜270までの間の時給は①と②同じで、それ以降(270以降)は②の方が時給が高いなら、260から打った場合も、当然②の方が時給が高くなります。

    キング判別をあてにして、260から打っている人と、270から全ツッパな場合に逆転するというのならわかります。

    しかし、そもそもの打ち出し条件が違うので、比較すること自体がおかしいです。

    このブログでも書かれていますが、270〜330で、キング判別し、前兆ありだった場合、ホール内を一度見て回り、330からの時給より高い台があった場合はやめ、なかった場合続行が良いと思います。

    前兆ありだった場合、330からガクっと時給が下がります。

    このブログの数字を使うと270からキング判別なら時給3298円

    330〜前兆ありを追った場合(数字はブログに記載されている最大の数字を引用)
    1640/41×60=2400円

    つまり、拾った時点では時給3298円の台ですが、判別後は時給2400円の台に下がってます。

    ホール状況が4分で一変する可能性は確かに低いですが、自分が打っている台自体の時給が一変しています。

    その場合、ホール内で最も時給が高い台が入れ替わっている可能性が結構ありますので、一度徘徊するのが良いでしょう。

    少し意見しましたが、面白そうなブログだし、すごく応援してます!!

    ちなみに内容がかぶった場合で、数字が違う場合は全力で反論する可能性があるので、ご容赦ください。笑

    • わざわざコメントありがとうございます!

      このコメント一つだけでも本当に勉強になります。
      (あと、向こうの解析記事の返しコメも勉強になりました)

      確かにご指摘のとおりで、キング前兆発生時の330時点で時給は顕著に下がっちゃいますからね〜。

      そういう面では「330停止→徘徊」。
      これは僕が思ってた以上に価値があるのかもしれないですね。

      「条件が違うのを比較するのがおかしい」というご指摘に関しては、

      「6.1分×2.43回」の時間と「△200円×2.43回」のマイナス期待値を投資して「3000円(31分)」を獲得できる。

      こんな感じで文法を変えれば何とイケるのでは?と感じてます。

      ただ計算のスペシャリストであるゴエモンさんが「比較はおかしい」と仰ってる、という事実。

      たぶん実際その可能性が強いんだろうなぁ、と思います。

      鉄拳で言うと、赤ゼリフが出たみたいなもんですね。
      でも、まだ分かりませんよ。
      赤ゼリフでもハズレる事はありますから。

  • 懐かしいですね、これ
    ポイントは判別に必要な隙間の時間の評価、270~330の期待値になるのかなと
    5分の隙間稼働ならその間拾えない機会損失が限りなく0になる状況はあると思うし、
    270~330を500円↑とするか、はたまたマイナスになるかで結果ががらっと変わってしまうんですよね

    これ昔誰かと議論したような気がするなぁ
    第9地区さんとでしたっけ?

    なんにせよこの台は再導入の可能性が高く、その価値も高い台なのでまだまだ考察の必要性はありますよね。

    • 仰る通りで「隙間稼働」としてなら効力は大きいと思います。

      ただ問題は、330ヤメの人の多くはそういう意識ではなくて
      「本気で時間効率が良い」と信じ切ってるように感じます。

      それと、270~330の評価によって大きく変わってくるのは間違いないですね。

      ところで「500円↑」というのは+500円ということですか?
      流石にこれは無いと思いますよ。

      神鉄拳突入率がベルでの1/167772のみ。(これだけでOKですよね?)
      なので獲得枚数は480枚に限りなく近くなってしまいます。

      仮に480枚なら、大当たり1/298でようやくプライマイゼロですからね。

      ただ一方でポジ要素は、
      325くらいで前兆が終わる展開も多いはずだし、
      「前兆終了→TC突入」とかもありますからね~。

      ネガ要素は、
      机上ではTC突入率は1/445ですが、270~330のみだと多分低確滞在率が急騰すると思うんですよ。
      しかもTC後やTC経由のAT後に1/445の割を持ってかれてるはずですからね。

      天井狙いなら低確スタートでも数字に大きな影響は無いんですけど、
      ゾーン狙いだとこれだけで数字がガラッと変わってしまうから怖いものです。

      ちなみに今270~330を「TC経由でのAT当選率1/1050」で再計算したら
      やっぱり△202円とかになりました。

      まあでも暫定の数字に過ぎないので何とも言えないですけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です