コメント 0

恐山なう。真冬の北海道を目指します。




 

ども、くろっくです。

今回は単なる近況報告です。

 

今現在、むつ(恐山の近く)にいます。

 

 

むつに何泊かした後は、北海道を目指します。

そんで、12~4月くらいまで北海道で過ごす予定です。

僕は2017年1月から、賃貸はヤメてビジネスホテル生活をしています。

「なぜホテルで生活するのか?」という理由は下の記事よりどうぞ。

来年1月よりビジネスホテル暮らしを始めます。その5つの理由。

2016.12.03

 

スポンサードリンク



真冬の北海道は暖かい!

「なぜ真冬に北海道にわざわざ行くのか?」と思うかもしれないが、

室内の防寒が盤石。実は冬の北海道は暖かい。
②冬の北海道はホテル代が非常に安い。
③外は寒く内は暖かいので、相対的に幸福を感じる。

理由は上の通り。

中でも①。
「室内の防寒が盤石」という事が最大の理由です。

関東や東海の真冬はクソ寒いんだが、北海道の真冬はとっても快適なんです。

今年の1~5月にも北海道に居て、この事実を痛感しました。
△10℃だろうと△20℃だろうと、暖房をつけずとも寒くないです。

氷点下&極寒の北海道。「気温-21℃」の世界を初体験したよ。

2017.01.25

 

マッタリと北へ

ところで11月末までは栃木にいました。

ルートとしては・・・

栃木北上4泊むつ5~7泊函館?泊(フェリー)未定(たぶん長万部)

 

 

北海道に直で行くの味気ないので、北上に4泊・むつに5~10泊しながらマッタリと北に向かっています。

(仙台・盛岡・青森・八戸。ここらは行ったことがあるので今回はスルーしました。)

 

北上のロシア料理・トロイカ

「北上って所は何かあるの?」と思う人も多いでしょうが・・・

北上には特に何もありませんでした。

一応は景勝地はあるみたいだけど、そんなん興味無い人が大半だろうし。

 

4泊もしたんだけど、ホテルでZaifと睨めっこしてただけです。

 

ただ「北上 グルメ」とググると、何故かロシア料理の店が出てきます。(トロイカというお店)

ロシア料理なんて激レアです。とりあえず行ってきました。

 

・ロシアンティー
・ペルメニ

 

・ボルシチ
・ピロシキ

 

・ビーフストロガノフ

 

主要どころは全制覇できたかな?

なお料金のほうは、5,460円でした。

まあロシア料理ってのは希少性が高いので、この値段でも仕方ないですね。

 

このトロイカで一番美味しかったのはペルメニです。

もし行く機会があれば(たぶん無いと思うけど)、コース料理にはペルメニは入っていないので、単品(720円)で注文を追加するのをオススメします

 


恐山に寄るか迷う

そして今は、むつにいます。

ちなみに下北駅というのが本州最北端の駅です。

 

 

ところで、このむつ市は恐山の近くです。

気が向いたら恐山とか温泉にも行こうかと思ったんだけど・・・

 

 

こんな感じで、すでに雪が降ってます。

あと数日はこんな天気が続くようなので、たぶん恐山は行かないと思います。

てか僕の経験上、山なんて行っても疲れるだけで見返りが一つも無いし

 

 

 

ところで、上が泊まってるホテル。

1泊5,680円なんだけど、なんとソファ(しかもデカイ!)がついてます。

この値段でソファが付いてるというのは非常に珍しいかと思います。

 

当たりのホテルを引いたっぽいので、ここ数日は部屋でぬくぬくと過ごします。

 

てか、東北&北海道というのは本当に部屋の中が暖かい!

逆に外はクソ寒いので、部屋のありがたみを感じますね~。

幸福度ランキングでは雪国&北国の割合が多いけど、「外はクソ寒いのに、部屋が暖かい」というコントラストの影響が強いのかもしれません。

これ関東や東海だと「外も寒く、部屋も寒い」という感じなので。

 

 

あと、むつのパチ屋も覗いたんだけど、ホテルから1km近くあるので稼働はバッサリ捨てます。

てか、恐山のような景勝地なんかよりも、ご当地のパチ屋とか雀荘を覗き歩くほうが観光してる手応えがありますよね。

 

 

では、ここらへんで。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です