コメント 0

兼業向け 閉店前のハイエナで積極的に攻めても良い3パターン【21時前後の稼働】




 

ども、くろっくです。

今回は閉店前の21時前後のハイエナについてです。

アフター5稼働の会社員向けの記事となっています。

 

21~22時でのハイエナ稼働は、台の期待値が大きく下落します。

フリーズや爆乗せ等をした場合に、閉店で取り切れない確率が大幅UPするためです。

 

とはいえ、遅い時間からでも全然打って良い台というのもたくさんあります。

①期待値が純粋に高い台
→凱旋900は21時から打っても問題ない
②出玉分布の平たい機種
→銭形600&金太郎500~は21時30分から打って良い。
③ゾーン狙い(高純増機種)
→Pビンゴ500は22時からで打って良い。(570ヤメ)

 

この3パターンならば積極的に攻めて問題ないです。

では、具体的に説明していきます。

スポンサードリンク



 

まずは”閉店欠損の考え方”から

閉店損失算出の公式(天井狙い)「閉店取り切れずの発生確率」×「取りきれなかった時点での平均ダメージ(期待獲得枚数)」
=閉店前の平均損失額

 

上の公式こそが閉店欠損額を考える面においての原理原則です。

まずは上の公式を理解しましょう。

 

最も簡単なのは、エヴァ魂の例です。

・21時45分に打ち始めと仮定
・800Gノーボーナス(取り切れず)の発生率は3.55%
・取り切れなかった時のダメージは約300枚

よって、エヴァ魂の21時45分閉店期待値は「シミュ値ー△213円(3.55%×300枚)となります。

20時21時~は、出玉分布から平均損失額を考えるべし【閉店期待値の考察②】

2016.11.24

20時21時~の立ち回りに役立つ、出玉分布の傾向とイメージ法【閉店期待値の考察③】

2016.11.26

 

ところで、冒頭で閉店前に打っても良い3パターンを挙げました。

①期待値が純粋に高い台
②出玉分布の緩い機種
③ゾーン狙い(高純増機種)

①を打って良い理由は、「閉店取り切れずの発生確率」×「その時点での平均ダメージ(期待獲得枚数)」を差し引いても元々の期待値が大きいために余裕でプラスだからです。

②を打って良い理由は、「取り切れず発生率」×「平均ダメージ」の積が純粋に小さいからです。

③を打って良い理由は、ゾーン狙いの場合は閉店損失を算出する公式が変わるからです。
「取り切れず発生率」×「平均ダメージ」×「回収発生率(ゾーン当選率)」に変わります。
回収が100%発生する天井狙いよりも閉店損失が少なくなります。

では、①②③の順番に説明していきます。

 


 

①期待値が純粋に高い台

凱旋900=21時~でOK

.
というか、スロプロドットコム様のミリオンゴッド神々の凱旋【閉店間際の期待値】徹底解析に閉店前期待値が載っています。

・凱旋900(21時~)=+2090円
・凱旋900(平時)=+5290円

まあ凱旋900の21時~は余裕で打てますね。

では21時15分ならば。980~で全然打って良いと思います。(950だと微妙かも。まあ僕は打ちます。)

 

良く聞くのが、「閉店前に天井に到達してアメグレが流れたらどうするんだ?」という意見です。

安心してください!アメグレなんて流れません!

そもそも天井に到達する確率が900~でも27.74%です。
そして天井到達のうち初回11連以上を選択する確率はわずか5.37%です。(8連以上選択ならば10.49%)

そりゃアメグレ(11連以上)が流れる可能性は1.5%ぐらいありますよ。アメグレが出ずとも”天井4連以上選択+道中でGOD揃い”なんかでも閉店までに取り切れないですよ。

しかしその危険性を全て加味しても余裕のプラスです。だから余裕で打って良いという話です。

 

閉店損失算出の公式(天井狙い)「閉店取り切れずの発生確率」×「取りきれなかった時点での平均ダメージ(期待獲得枚数)」
=閉店前の平均損失額

,
凱旋の出玉分布の傾向としては、1000枚2000枚なら簡単に出るものの5000枚のハードルは高く万枚なんて殆ど無いという感じです。

なので、閉店取り切れずの発生率もそこまで高くないですし遭遇した時のダメージも極端なほど高くはありません。

 

そもそも凱旋にて閉店取り切れずが発生するパターンとしては、天井経由と天井非経由の2パターンがあります。

そりゃ天井経由の場合は平均ダメージは大きいです。
80%ループの展開が大半ですし、中には80%+GOD+GODなんて展開もあるでしょう。
ただし「8連目でアメグレなし&ストック確認なし」なんて展開ならば、11連目以降の継続率は80%とは程遠いので平均ダメージも軽くなります。

しかし天井非経由での取り切れずに関しては、平均ダメージはさほど高くありません。
天井非経由ならばストックを大量に残して閉店する展開は少ないからです。
そりゃSGGで15個乗せてとかあるかもしれないが、「ストック0~2つ残し+継続率25%未満」という展開が圧倒的多数のはずです。

天井非経由でGOD揃いで初当たりしたところで高確率で取り切れますからね。

 

ところで、凱旋900の期待値には21時スタートと平時とでは3200円の差がついています。

・凱旋 900(21時~)=+2090円
・凱旋 900(平時)=+5290円

この3200円こそが「閉店取り切れずの発生確率」×「その時点での平均ダメージ(期待獲得枚数)」の積と考えると、非常に妥当な数字だろうと納得できます。

 

まあ、凱旋に限らず期待値が純粋に高いのならば閉店前でも攻めるべきです。

・サラ番 750=22時でOK
・黄門 700=21時45分でOK

もちろん「閉店取り切れずの発生確率」×「その時点での平均ダメージ(期待獲得枚数)」の積も考慮しましょう。

 

スポンサードリンク



②出玉分布の平たい機種

銭形600~金太郎500~=21時30分~で良い

なぜ出玉分布が平たい機種は閉店前でも積極的に攻めても良いか?というと・・・

「閉店取り切れずの発生確率」×「その時点での平均ダメージ(期待獲得枚数)」の積が小さいからです。

そもそも閉店取り切れずが発生しづらいですし、遭遇したとしてもダメージは大きくないです。

 

例の銭形600金太郎500なんて余裕で21時30分から打てます。

銭形の出玉分布は非常に平たく、2000枚なんて滅多に出ないので取りこぼし発生率は非常に低いです。
ただし、万が一取り切れずに遭遇した場合はダメージはそこそこでしょう。(ゼニガッツ爆乗せ展開の割合もあると思うので)

金太郎に関しては2000枚3000枚ならば出るので取りこぼし発生率はそこそこでしょう。
しかし5000枚出るのは絶望的な機種です。取り切れずに遭遇したとしてもダメージは小さいです。

言ってしまえば、
・銭形=発生率”低”×ダメージ”並”
・金太郎=発生率”並”×ダメージ”低”
という感じです。

 

他に「出玉分布が平たいがゆえに閉店まで打てる機種」をリストアップすると・・・

SSS 銭形・金太郎・モンキー2・カイジ3
SS   バジ2・ガルパン・慶次戦槍
S   地獄少女宵伽
A   沖ドキ・イーター・麻雀3・サラ番

モンキー2とカイジ3も銭形金太郎と同格ですね。超積極的に攻めても問題ないです。

 

注目は、低純増新基準の慶次戦槍地獄少女宵伽です。

・慶次戦槍 630=21時30分でOK
・地獄少女 700=21時30分でOK

純増2枚なのでART消化に時間はかかるものの、「取り切れず発生率」×「平均ダメージ」の積は小さいと推定することが出来ます。

これを考慮すると21時30分でも余裕で打てるということです。

 

 

③ゾーン狙い(高純増機種)

Pビンゴ500~=22時~で良い

,
ゾーン期待値の閉店損失の算出公式は、今までの公式とは違います。

「閉店取り切れずの発生確率」×「その時点での平均ダメージ(期待獲得枚数)」ではありません。

 

閉店損失算出の公式(ゾーン)「閉店取り切れずの発生確率」×「その時点での平均ダメージ(期待獲得枚数)」×「回収発生率??%」
=閉店前の平均損失額

.
プレミアムビンゴ500の22時ならば、570の22時6分あたりでATが始まります。

まずは今まで通り、22時6分から1500枚以上出る「閉店取り切れずの発生確率」と、「取りきれなかった時点での平均ダメージ(期待獲得枚数)」を想像します。

まあ天下のプレミアムビンゴですから、その積(22時6分~の平均損失)は大きいでしょうね。

 

ここで注意すべきは、天井狙いでは100%の確率で回収が発生するのに対し、ゾーン狙いの回収発生率は100%ではないということです。

 

プレミアムビンゴで500~570を回してAT当選する確率なんて高くても45%でしょう。

とすると、「取り切れず発生率」×「平均ダメージ」×「回収発生率45%」。

つまりは、22時6分スタートのAT閉店損失が45%の確率で発生するということになります。

 

仮に22時6分スタートのATの閉店損失額が5000円だとします。

天井狙いであれば回収発生率(AT当選率)は100%なので、天井期待値ー5000円×100%=閉店期待値になります。

しかしゾーン狙いならば回収発生率(AT当選率)は45%なので、ゾーン期待値ー5000円×45%=閉店期待値になります。

 

ゾーン狙いの場合は閉店損失は緩和されますので、多少は強引に攻めても問題ないわけです。

 

他機種に関しても同じ理屈が言えます。

・サラ番 200~=21時45分でOK
・番長2 190=21時15分なら。以降はNG。
・ハーデス 400~=21時45分でOK

サラ番も200ならば21時45分で打って問題無いです。
「取り切れず発生率」×「平均ダメージ」×「回収発生率??%」の公式から考えても余裕でしょう。

ただし番長2の場合は事情が違って慎重に行きます。
純増が2枚というのもあるし、立ち上がりが遅い傾向にあるからです。(ボナ後の天国ゾーンを1~3周してようやくARTという展開も多い)

ハーデスは21時45分じゃまずいだろ!と思うかもしれないが、400HZに関してはOKです。
「21時46分からの取り切れず発生率」×「平均ダメージ」×「回収発生率10~11%」という公式なので、余裕で割に合います。
そもそも400狙いならばAT当選の大多数は400→犬です。閉店取り切れずの発生率そのものも非常に低いでしょう。

閉店前のゾーン狙いは積極的に攻めて良い理由

2017.06.11

21時以降のゾーン狙い・機種別&時間別ボーダー【閉店前の立ち回り】

2017.06.11

 

スポンサードリンク



まとめ

「取り切れなかったらどうするんだ?」とか考えて21~22時を過度に慎重に立ち回っている人も多いでしょう。

しかし、期待値がプラスであり且つ時給も高いのならば取り切れなくても何も問題ないんです。

 

①の期待値が純粋に高い台は、「閉店取り切れずの発生確率」×「その時点での平均ダメージ(期待獲得枚数)」を差し引いても元々の期待値が大きいために余裕でプラスなので打って良い。

②の出玉分布の緩い機種は、「取り切れず発生率」×「平均ダメージ」の積が純粋に小さいので打って良い。

③のゾーン狙い(高純増機種)は、「取り切れず発生率」×「平均ダメージ」×「回収発生率(ゾーン当選率)」に変わり、回収が100%発生する天井狙いよりも閉店損失が少なくなるので打って良い。

 

まとめるとこんな感じです。

そもそも稼働の目的は何が何でも閉店までに取り切ることではありません。

期待値を高時給で積み上げることが目的ですからね~。

 

 

では、ここらへんで。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です