スポンサードリンク




コメント 0

新竹市のスロット店舗情報について書きました【台湾】

 

ども、くろっくです。

今回は、台湾の新竹市のスロット店舗情報についてまとめました。

 

 

僕が確認した「新竹でマトモに打てるスロット店」は4店舗。

・民生電子遊戯場
・金沙電子遊戯場
・天使娯楽城
・富賀複合式娯楽廣場

そんじゃ、順に書いてきます。

 

スポンサードリンク



民生電子遊戯場

地図
住所 新竹市東區復中里民生路240號
設置台数 ベタピン等価=約90台
閉電區(10%カット)=10台
レート 1枚=2元
(約7.5スロ)
貸出単位 100元50枚ごと
精算単位 1000元500枚ごと
閉電區
PAYOUT単位
不明
おそらく10枚ごと
主な4号機 吉宗・南国・鬼武者・めんそーれの4機種は設置台数多い
備考 新竹では最もオススメ

 

ベタピン等価を打つにしろ閉電區を打つにしろ、民生遊戯場が最もオススメです。

その理由は貸出単位が100元50枚だからです。

他店舗と比べると、精算時の端数合わせがそれほど苦労しません。

 

閉電區は10台です。

08~19時=早場
19~20時=設定変更
20~07時=晩場
07~08時=設定変更

抽選時間やイベントに関しては不明です。

僕が晩場の開店を見たときは全席が埋まってました。

 

金沙電子遊戯場

地図
住所 新竹市北區東濱街18號
設置台数 ベタピン等価=約20台
閉電區(10%カット)=24台
レート 1枚=2元
(約7.5スロ)
貸出単位 1000元500枚ごと
精算単位 1000元500枚ごと
閉電區
PAYOUT単位
10枚ごと
レアな4号機 北斗吉宗南国など
平凡なメンツ
(功夫淑女が1台あり)
備考 新竹中心地から遠い

 

Tom Leeさんの実践動画で有名な店です。

個人的な感想としては、ちょっとビミョーかな~という印象です。

 

閉電區はあるんだけど、貸出単位が1000元500枚・強制的にクレジットinです。

これ日本でいうと、5.55枚交換&台移動NGの店で10000円500枚単位でしかメダルを借りれないということです。

 

ベタピン等価にしても、ここではなく民生や天使で打ったほうが良いです。

貸出単位も精算単位も共に1000元500枚です。
なので、例えば999枚とかなら換金可能なのは500枚のみで残りの499枚は換金できません

 

あと、新竹中心地から非常に遠いのもマイナスです。

 

ところで、たいわんスロット様というブログを見ると「TTLというツアー会社に申し込めば、特別に倍レート(1枚=4元)で打てる?」との情報もあります。

もし本当ならば、金沙でも打つ価値が出てくるかもしれませんね。

台湾スロット旅行2日目
参照元 たいわんスロット様

 

スポンサードリンク



天使娯楽城

 

地図
住所 新竹市北區少年街11號
設置台数 ベタピン等価=約50台
閉電區(10%カット)=4台
レート 1枚=2元
(約7.5スロ)
貸出単位 100元50枚
精算単位 不明
閉電區
PAYOUT単位
不明
主な4号機 北斗吉宗南国など
平凡なメンツ
備考 等価の4号機ならば

 

この天使娯楽城は100元50枚ごとの貸出単位です。

換金時の端数調整が比較的ラクなので、ベタピン等価の4号機を打つには向いてると思います。

 

しかし閉電區は打つ価値は無いです。

なぜなら、「閉電區=全台設定③以上」と箸にも棒にもかからないようなゴミイベだからです。

これ等価ならばまだ分からないでもないんだが、非等価(PAYOUT時に10%カット)ですからね〜。

もしくは4号機ならば全台設定③でも打つ人もいるかもしれないけど、ALL5号機なので意味無いですね。

 

上写真の台右上あたり。「設定③」という札が刺さっています。

 

富賀複合式娯楽廣場

 

地図
住所 新竹市東區忠孝路277-1號
設置台数 パチンコ台が多い
閉電區は無し
レート 不明
たぶん1枚=2元
貸出単位 不明
精算単位 不明
閉電區
PAYOUT単位
不明
主な4号機 特に無かったと思う
備考 パチンコ専用

 

この富賀はパチンコ専用の店です。

台湾はパチンコの羽根モノも人気です。
この富賀ならレトロなパチンコ台を打つことができます。

また僕はここで打ってないし換金もしていないので、レートなどに関しては不明です。

ただ台南でパチンコを打った時は50元100玉でした。1玉=0.5元=1.8円ということです。
この富賀も同じレートか、もしくは少し下がったレートである可能性は高いでしょう。

スロットも置いてありますが20台くらいしか無いです。

4号機も全然ありませんし、打つ価値は無いでしょう。

 

スポンサードリンク



台湾にはポケットWiFiを持って行こう!



台湾に行くならば、必ずポケットwifiを持って行ったほうが良いです。(もしくは現地でSIMカードを買う)

ポケットwifiさえあれば、日本と何も変わらずにスマホを自由に使えます。

スロ屋に行くにしても歩きながらスマホで地図を見れるのは勿論のこと、観光や移動にも非常に便利です。

ハッキリ言って、もはや地球の歩き方のようなガイドブックは持って行く必要はありません。

 

では、どのポケットWiFiを使えばよいのか?

僕が使っていたのはイモトのWiFiです。
非常に快適に使えたので、質に関しては自信をもってオススメできます。

ただ、最近になって知ったんだけど・・・
グローバルポケットの台湾データ通信Wi-Fiを使ったほうが圧倒的に安いようです。

 

料金 容量
イモトのWiFi
1日
1280円(4G)
1日
500MB
まで
台湾データ通信Wi-Fi
(グローバルポケット)
1日
590円
無制限

両方とも4G&LTEのプラン料金です。

 

グローバルポケットは安いだけでなく、無制限で使えるようですね。

注意点としては、まだ僕自身がグローバルポケットのwifiを使ったことが無いので質の保証はできないことです。

でもまあTwitterの評判を見てる限りでは何一つ問題なく使えてるみたいです。

 

グローバルポケットが最もオススメとなりますね。(質が不安ならばイモトのWIFIで良い)

 

↓↓1日590円のwifi申し込みは下バナーから↓↓


 

 

では、ここらへんで。

 

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です